フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第2話あらすじ【ネタバレ】

前回のあらすじ

アビゲイル号でロスアンゼルスから脱出を図ったトラビス達。ストランドは、航海中にサンディエゴへ向かうと告げます。船内では、母親の死から立ち直れないクリスが、父親の取った行動を受け入れられず心を閉ざしていました。そしてアリシアは、無線で有力な情報を得ようと試みていると、ジャックと名乗る男性を見つけます。船の旅が続き一行は、転覆船に群がる感染者達と遭遇し驚愕するのでした。そしてストランドは、レーダに映る船舶が自分達の船に向かってきていると確信を持ちます。。
第2話を視聴しました。

第2話「転落」あらすじ・ネタバレ

①転覆している船に勝手に向かったニックを叱るマディソン。ニックは、確かに何かの音を聞いた、人助けをしたかったと言い訳をします。そのやり取りの最中トラヴィスは、ニックの持ってきた航海日誌からサンディエゴが軍に焼き払われたという情報を彼らに伝えました。急いでその旨をストランドに伝えると彼は、今それよりも大切な事は何者かがアビゲイル号を追跡しているという事と、それはおそらく軍の大型船だと伝えます。どこかに隠れる事が必要だと知ったトラヴィスは、海図をみながらカタリナ島はどうか?と提案するのでした。

②夜になり、ストランド達は島へ向かっていました。するとマディソンは、島にある一軒の家から光が灯るのを発見します。彼らはその島へ接岸し、ひとまずアビゲイル号を係留する事にしました。船にはストランドとサルザール親子が残る事になり、他の人々は明かりが見えた家へ向かいます。静まりかえった場所にあるその家の前で、トラヴィスは助けて欲しいと大声で呼びかけるのでした。扉が開くと、そこから一つの家族が出て来ます。それはジョージ、メリッサ、彼らの子供達ハリーとウィラーでした。

③家主のジョージの情報によると、ポートランド、シアトル、バンクバーなどの主要都市は、軍に壊滅されたという事でした。サンディエゴも、当然その破壊された都市の一つだったのです。彼は今おこっている事は自然の摂理であると唱え、そして自分達はここに死ぬまで残り続けると告げるのでした。
その頃マディソンは、メリッサと会話をしています。そこへ外から戻ったメリッサの息子セスが登場しますが、彼はすぐさま外へ出て行ってしまうのでした。トラヴィス達はジョージから停泊の許可を得て、アビゲイルへ戻ります。

④翌朝、クリスは島の中を歩き回っていると、セスが海岸へ向かうのを目撃します。何をするのか?と駆け寄るクリスに対して、「始末をする」と伝えるセス。それは本土から流れ着いた感染者達を、処理する作業だったのです。唸りながらフェンス越しに立ちすくむ感染者達を、セスは1人づつ倒していきました。そしてクリスも感染者の処理の仕方を彼から教わります。そこへクリスを探しに来たトラヴィスが登場し、息子が刃物を使い感染者を倒す状況を見てショックを受けるのでした。

⑤ニックは、誰もいないジョージの家を物色しています。そしてジョージの部屋にあった地球儀の置物を開けてみると、中から劇薬を発見するのでした。
その頃マディソンは、畑仕事をしているメリッサに話しかけます。昨日の夜、明かりをわざと点けて合図を送ったのではないかと切り出すマディソン。その問いにメリッサは、もし子供達に別の人生が選べるのであればという希望を昨日マディソンを見かけた時に持ったと告げます。マディソンは、メリッサがハリーとウィラーをマディソン達と一緒に連れて行って欲しいという事を知るのでした。さらに、一見平和そうに見えるこのカタリナ島も、いずれ感染者達に襲われる状況になるという事が発覚するのです。

⑥船から離れたストランドは、衛星電話を使い誰かと通信をしていました。そして日没に向かうとその相手に伝えます。
その頃ダニエルは、ストランドがいない隙に船の中を調べ始めるのでした。そして座席の下に鍵がかかっているコンパートメントを見つけた彼はそれをこじ開け、中からメキシコの海図とマシンガンを発見します。

⑦アビゲイルに戻ったマディソンは、メリッサの要望をトラヴィスに打ち明けます。他の家の子供達を連れて行く事はできないと言うトラヴィス。マディソンは、彼らを助ける為に連れて行くと断言します。そこへニックが現れ、心配そうな表情を2人に向けるのでした。どうしたのかと聞くマディソンに対してニックは、ジョージは劇薬で一家心中をするのではないかと話します。それを聞きトラヴィスは、子供達の同伴に納得するのでした。
その後マディソン、トラヴィス、ニックは、ジョージの家を訪れ、ハリーとウィラーの支度が終わるのを待っています。そこへジョージが帰宅し、メリッサの計画を知り愕然とするのでした。メリッサは、絶望を感じながらも子供達に良い生活を望みたいと夫に説明します。その時階段から降りてきたハリーは、ウィラーの様子がおかしいと不安げに伝えるのでした。

⑧慌ててメリッサは2階へ駆け上がると、ウィラーは劇薬を飲み息絶えていました。我が子を抱きしめるメリッサでしたが、その彼女にウィラーは襲いかかります。事態を把握したジョージは、ハリーを連れて行くようにとトラヴィスに告げ彼は残ると伝えるのでした。そしてトラヴィス達は、アビゲイルへ乗船します。出発をしようとした瞬間銃を持ったセスが、ハリーを連れもどしに船に乗り込んできました。マディソンは必死で、ジョージの願いはハリーを島から出す事であると説明しますがセスは納得しません。威嚇をするセスは、ハリーに家へ戻るよう命令し、2人は下船するのでした。
その頃桟橋では、フラフラとよろめく感染したメリッサがセス達の方向へ向かってきます。マディソン達はその様子を無念そうに見ながら、ハリーに手を振り続けるしかありませんでした。どんどん船は岸から遠ざかり、セスは感染した母親に発砲します。。。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン2第2話を見た感想【ネタバレ】

サンディエゴ壊滅・カタリナ島とは?

トラヴィス達は、ニックが転覆船から拝借した航海日誌により、サンディエゴが上陸不可な事を悟ります。そして彼らがとりあえず向かった先はカタリナ島(Catrina Island)でした。このカタリナ島は、フィクションの島であり実際にはサンタカタリナ島(Santa Catalina Island) というカリフォルニア南部に位置する島だと推測できます。実存するサンタカタリナ島は、リゾート地として有名であり、このエピソードでもおそらく世紀末の前は、観光地だったのではないか?とトラヴィスとジョージがフェンスを治すシーンで確認する事ができるのでした。
このカタリナ島での出会いにより、トラヴィス達は新しい情報を得ます。そしてサンディエゴが壊滅したという確証を持ち、再度船の旅を続けるのでした。彼らは、目的地を失い今後どこに向かうのか?と疑問に思います。
そんな中、ストランドはどこかに向かうと誰かに伝えているので彼には明確なプランがもうすでにあるのでしょう。。
いったい彼らがどこへ逃げるのか?今後のエピソードの展開が楽しみです。

出演者紹介「コルマン・ドミンゴ」

フィラデルフィア、ペンシルバニア州出身のコルマン・ドミンゴは、テンプル大学卒業後、カリフォルニアに移り住み俳優として活躍しはじめました。数々の賞を受賞した経歴があり、トニー賞にはノミネートもされています。また劇作家としても功績を挙げており、多才な人物である事は間違いありません。身長188cm。

出演者一覧はこちら

コルマン・ドミンゴ/Colman Domingo

役:ビクター・ストランド/Victor Strand
生年月日:1969年11月28日
主な出演作品
映画
『グローリー/明日への行進/Selma』
『リンカーン/Lincoln』
『カリング・ヘンズ/Culling Hens』
ドラマ
『ザ・ニック/ The Knick』
『ザ・スケッチショー/The Gif Gay Sketch Show』
『刑事ナッシュ・ブリッジス/Nash Bridges』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA