ウォーキング・デッドシーズン7第16話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

リックは、タラから聞いた浜辺の人々を訪れ、武器を調達します。浜辺の女性たちは、救世主を倒す計画に納得していました。そしてリック達はアレキサンドリアに戻ると、救世主の一員、ドワイトが檻の中に囚われています。一体どうしてドワイトは、アレキサンドリアに来たのでしょうか?大興奮のシーズン7最終回。視聴しました!

シーズン7第16話「意志を継ぐ者たち」

①狭く暗い所でサシャが、思いつめた様子で音楽を聴いています。そこから画面はサシャのフラッシュバックへと移ります。あの日、エイブラハムが殺される日のこと。二人はアレキサンドリアにいました。そしてマギーの体調が悪いため、ヒルトップに連れていく必要があると伝えるエイブラハムに、サシャは今回だけは行かないでほしいと懇願します。彼女は彼を失う事を恐れていました。

②一方自ら囚われの身となったドワイトは、アレキサンドリアの独房でニーガンを殺したいと話し始めます。ドワイトにデニースを殺されたタラは、ダリルに彼を始末するよう呼びかけるのでした。それに屈せず、ドワイトは話しを続けます。シェリーが失踪してしまった今となっては、ニーガンに仕える気はないと。そしてドワイトは、ニーガンが翌日アレキサンドリアに来るということを告げるのでした。
まずはアレキサンドリアに来た救世主達を抹殺し、その後トラックに乗り込みニーガンのアジト、サンクチュアリ(聖域)を襲撃する計画を提案します。リック達は、聖域に捕らわれているサシャを救出する為にも、この計画に乗ることがいいアイディアであると考えるのでした。

③戦う決意をしたキャロルは、王国の人々とアレキサンドリアに向かっていました。道の途中、ショッピングカートで作ったバリケードを発見します。そこで、あの事件以来王国から離れていたモーガンが登場するのでした。
キャロルは、一人でニーガンを倒そうとしているモーガンに、それは無理だと諭します。それでも頑固に拒否するモーガンに対し、エゼキエルはみんなで戦い勝利さえすれば、気まぐれな悪意で引き起こされる悲惨な出来事が二度とないであろうとモーガンに伝えるのでした。納得したモーガンは、彼らと一緒に行動することを決めます。

④アレキサンドリアにはスキャベンジャー(清掃人)のグループが到着し、リック達とニーガンを倒す準備を始めています。街の正門付近では、ロジータ、ダリル、アーロンが爆弾をトラックに設置していました。救世主が到着した時、爆発させるのが目的だったのです。

⑤ニーガンは、サシャをアレキサンドリアに連れて行き、侵入の代償として誰かを殺さなければいけないと言っていました。代わりに自分が死ぬと伝えるサシャでしたが、ニーガンは受け入れません。
そして、サシャはアレキサンドリアに行くまでの間、棺桶の中にいれられます。真っ暗な棺の中で、サシャはエイブラハムのことを再度思い出すのでした。マギーをヒルトップに連れていくことは危険だと訴えるサシャに、誰かの為に命をかけるのが俺たちのやり方だろ、と語るエイブラハム。結局サシャは、エイブラハムの発言に同意し、一緒にマギーを助ける為に行動したのでした。そして今回も大きな決断を下そうとしています。

⑥救世主たちがアレキサンドリアに到着します。メガホンを使い、おとなしくニーガンの言うことを聞くべきだと発言するユージンを見て、アレキサンドリアの仲間達は唖然とします。
リックは清掃人のリーダージェイディスに、爆弾が仕掛けられているトラックを点火するよう指示しますが、爆発は起こりませんでした。その代わりに、清掃人達はリック達に銃口を向けます。彼らは、密かにニーガンと取引をしていたのでした。そこに登場したニーガンは、リックの詰めの甘さを嘲笑っています。そしてニーガンは、サシャが聖域に乗り込んできた償いとして、リックが選んだ誰かを殺害すると伝えるのでした。
放心状態のリックは、サシャが無事であるかを確認したいと叫びます。言われた通りにニーガンは、彼女が入っている棺を開けると、ウォーカ化したサシャがニーガンを襲うのでした。サシャは、ユージンの作った毒薬で自殺を遂げたのです。

⑦事態は混乱の渦に巻き込まれます。ウォーカーに転化したサシャは、救世主達を襲い続けます。それを見たカールは、その隙に次々と清掃人達を殺害し始め、残りのアレキサンドリアの仲間達も戦いだします。
四方八方で銃撃が起こっている最中、ジェイディスはリックに発砲。負傷したリックをニーガンの待つ所へ連行し、リックがそこで目にしたのは捕まっているカールでした。
今回の件でルシールの犠牲になるのは、カールだと言い放つニーガン。リックは絶望の眼差しをカールに向けます。そしてニーガンがバットを振りかざした瞬間、王国の虎シバが突然現れます。うろたえる救世主達を餌食にするシバに続き、エゼキエル率いる
王国の人々とヒルトップのマギー達が応戦に加わるのでした。
至る所でリックの仲間達は、救世主達を倒し始めます。その様子を見ているニーガンは、悔しそうにアレキサンドリアから逃げ出すのでした。

⑧聖域に戻ったニーガンは、サシャがどうして死んだのかをユージンに問いただします。ユージンは、おそらく窒息死であろうと答えました。ニーガンはリック達と全面戦争を始める決意を仲間たちに表明します。
一方アレキサンドリアでは、戦いが一旦終結したのを機に、マギーとジーザスが森の中を歩いています。そしてマギーは、ウォーカーに転化したサシャを発見し、泣きながら息の根をとめるのでした。
最後はマギーの語りでこのエピソードは終わりをつげます。アトランタで窮地に陥っていたリックを助けたグレンのおかげで、ここまで仲間が増えた。そして私たちはもう他人ではなく、かけがえのない家族なのだと。

ウォーキング・デッドシーズン7第16話を見た感想【ネタバレ】

サシャ、最後の戦い

サシャがこのような死に方をすると、誰が思いついたでしょうか?彼女はニーガンに捕まった後独房の中で、必死にニーガンを殺す方法を考えています。サシャは、ユージンから提供された毒薬ををもらいますが、とても落胆します。そして、彼女はこの毒薬で自分が死ぬことにより、ニーガンを襲うことができると考えつくのでした。
彼女は意思がとても強く、マギーを含む自分の仲間達を救う為に、命を捧げる事を選びます。棺の中で、最後の瞬間に思い浮かべるのは、エイブラハムが生前彼女に伝えた言葉です。人を助ける為に生き、死んでいくそれが正しい生き方だ。この考え方を彼女も信じていたので、今回の事を決意したのだと思います。勇気ある彼女の行動は、仲間達の事を本当に考えているという証拠なのです。
サシャの棺の中のシーンですが、iPodで聞いている曲は、ダニー・ハサウェイの「Someday We’ll All Be Free (いつかみんな、自由になる)」という曲です。素晴らしい選曲だと思います!何故ならばこの曲は、苦境にいても自尊心を持ち続ければいつかきっと自由になれるという内容なのです。死ぬと決めた彼女にとっては、最後の激励とも言える曲だと私は思いました。

アレキサンドリア、王国、ヒルトップの同盟が成立 そしてシーズン8へ。。

このエピソードで、初めてニーガンの怯んだ様子を見ることもできます。彼もまさか、虎が出てくるとは予測していなかったと思いますが、この件で相当の屈辱を受けたのは間違いありません。そして、アレキサンドリア、王国、ヒルトップのこの三つのグループがついに一緒に戦いました。戦いに乗り気ではなかった、キャロル、エゼキエル、モーガンの活躍に嬉しく思い、力をあわせることに対して感動を覚えます。おそらく次回のシーズンで、この3つのグループは互いに影響を与え合うのではないでしょうか?
その次回のシーズン8ですが、気になることが何点かあります。一つは、浜辺の人々が救世主打倒の為、リック達と協力し合うのか?また、失踪したヒースは登場するのか?そして何よりもドワイトは敵なのか?味方なのか?以上3点が今のところ考えるポイントになっています。シーズン8が始まるのが、本当に楽しみですね!

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA