ウォーキング・デッドシーズン8第5話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

王国の戦士達が、ほぼ全滅状態に直面するエゼキエル。自身も負傷しながら逃げようとしますが、救世主に捕まります。群衆達にもつきまとわれ、エゼキエルの息の根を止めようとするその救世主の試みを生き残りのジェリーが阻止しました。
一方、敵のアジトに潜り込んでいたキャロルは、武器略奪は成功しなかったもののエゼキエルとジェリーの手助けをし、ウォーカーの群れから一緒に逃げます。逃走中、一行はシバの死を目撃しショックを受けますが、最終的に王国へ帰還するのでした。
第5話を視聴しました。

第5話「懺悔」あらすじ【ネタばれ】

①このエピソードの冒頭は、戦いに臨む前にガブリエルが神に祈りを捧げるところからスタートします。
彼は、死ぬ事は怖くないが無駄な死に方はしたくないと神に語るのでした。
そして画面は、聖域でニーガンを含む主要メンバーとグレゴリーが話し合うシーンに移ります。
逃げて来たグレゴリーは、彼の街が突然未亡人に乗っ取られた事と、アレキサンドリアの戦いに関しては事前に知らされていなかったと言い張ります。彼は救世主と同盟を組みたいが為に、ヒルトップの住人へ味方につかない者は街から出て行くように伝えると、ニーガンに提案します。
サイモンは、グレゴリーを味方につける事により内部情報を得ることができ、もしヒルトップの住人が逆らえば皆殺しにすればいいと言い放ちました。それを聞いていたニーガンは、ルーシルで机を叩きながら人々は「資源である」と言い
激高。今回の戦いでは、
リック、マギー、エゼキエルのみ捕らえて、見せしめとして人々の前で殺すと、ニーガンはしもべ達に釘を刺すのでした。

その時、聖域の外で銃声が鳴り出します。それはリック達が武装して、襲撃に来た合図でした。

②画面は聖域が襲撃された後、ガブリエルがグレゴリーに置き去りにされ、逃げ込んだ部屋でニーガンと鉢合わせした場面になります。ニーガンはガブリエルから銃を素早く奪い取り、二人は部屋の中で座り込みました。しばらくするとニーガンはガブリエルに向かい、なぜグレゴリーのような裏切り者を助けたのか?と聞きます。
ガブリエルは、自分は無益な死に方を望まず、自分の行動にはきっと意味があるはずだとニーガンに伝えるのでした。そして彼は、今ニーガンと一緒にいる意味は、ニーガンの今までの行いの懺悔を聞く為ではないかと言いニヤリと笑うのです。

③襲撃で外が群衆だらけになった聖域では、ニーガンの側近達が話合いをしています。ニーガンは死んだのではないかと言うレジーナは、40人程の労働者をオトリに使い逃げ出す事を提案します。それを聞いたユージンは、労働者を利用すれば必ず彼らから反感を買う事は間違いないと言い、その提案を却下するのでした。それを聞いていたドワイトは、ユージンの意見は正しいと同意します。彼は今最も大切な事は、数の多い労働者を味方につけておく事が優先であると付け加えるのでした。
話の最中、ギャビンはこの問題を別な側面から見るべきだと言い、今回の幹部会議の最中にリック達が襲撃してきたのはただの偶然ではないと力説します。そして、リック達に情報を流している裏切り者がいるのではないかと?疑いだすのでした。しかし、その話を聞いてもドワイトは、今は人を殺さずにどのように脱出すべきかを考える必要があると言い切ります。

会議のあと、ユージンはドワイトを訪れます。今の状況で一番疑われやすいのは、自分であると思うユージン。彼はドワイトがかばってくれた事に対して、感謝の気持ちを表したかったのでした。

④部屋の中、ニーガンは懺悔をするようなことは何もないと牧師に伝えます。彼はガブリエルがなぜ牧師になったのかと問うと、ガブリエルは弱者を救う為だと答えるのでした。ニーガンは、自分も弱者を救ってきたと同調します。
そして彼は、この聖域がどのように成り立ったのかを語り出しました。当初秩序が全くなく、まともなリーダがいなかった為人々は弱かった。そして彼はその弱い人間達を育て、組織を築き上げたと打ち明けます。
その話を聞き静かにガブリエルは、人を殺し、女性たちを強制的に結婚させたニーガンに最後の懺悔はないのか?と詰め寄ります。そしてガブリエルは、ニーガンが一瞬後ろを振り向いた際、奪われた拳銃を取り返して別の部屋に逃げ込むのでした。その時に誤って発砲をした為、周りの群衆の声は大きくなります。そして、建物の一部が壊されウォーカが侵入し始めました。ニーガンは、ルシールを使いその生きた死人を叩きのめします。

⑤一方リックとダリルは、瀕死の状態のヤーゴから救世主達も、攻撃してきた王国の人々も死に絶えたという情報を得ます。彼らは驚きながら無言で、その救世主の死を見届けると、その場に残された武器を拾い集めるのでした。ダイナマイトを発見したダリルは、このまま聖域に向かいそのダイナマイトで聖域を破壊すると言い出します。その言い分に対しリックは、戦士ではない労働者やその家族達を殺す必要はないと反論するのでした。そして意見が対立するリックとダリルは、殴り合いの喧嘩を始めます。
リックは先ほどダリルが集めたダイナマイトの入っている袋を、大破しているトラックに向かい投げ捨てます。彼らは本気で格闘し続け、その時ダイナマイトが爆発するのでした。喧嘩をやめた彼らはその後、別行動をすることを決めお互いの道を進み始めます。

⑥周辺の騒ぎが大きくなってきている事を察知したニーガンは、別の部屋にこもっているガブリエルに話かけます。
今ここでお前を殺すよりかは、互いに協力し逃げるべきだと言うニーガン。それを聞いているガブリエルは、自分が行った最大の罪は人を殺した事ではなくこの世紀末が始まった時人々を教会に迎い入れなかった事だと告白するのでした。そしてニーガンもこの場で懺悔をするのであれば、一緒に外に行くと言います。
ニーガンは扉の向こうで、悲痛な表情をしこの時代が始まってから自分の妻ルシールが病気で死んだと語ります。そしてニーガンは、自分の罪はその時、死んだ妻のとどめを刺す事ができず、それは自分の弱さゆえであったからだと激白するのでした。
扉を開けて出てきたガブリエルは、ニーガンと共に先ほど侵入した一体のウォーカ
ーの内臓を体に付着させます。
そして二人は、群衆の中に飛び出して行くのでした。

⑦聖域では、幹部達が再度集会を開いています。物資を積んだトラックが、未だ到着しないと言うギャビン。そこにローラが入ってきて、労働者達が幹部室前まで来て騒ぎ立てている事を伝えます。
サイモン達は部屋の外へ出ると、無数の労働者が不平不満を言いながら集まっていました。現状に不安を募らせる者もいれば、ニーガンの所在を聞く者もいます。そしてとうとう労働者の一人が、銃を出すのでした。それを見たレジーナは、その労働者を撃ち殺し、周囲は冷たい雰囲気が漂い始めます。
その時、生還したニーガンとガブリエルが現れました。ニーガンは、どうしてこんな騒ぎになったのか、後ほど話合おうと伝えそこを去ります。
労働者達はニーガンを見ると安心した様子で、それを目撃したガブリエルはニーガンが人々を統一し守っている事を理解するのでした。

⑧リックは一人、歩き続けていました。すると上空をヘリコプターが通り、彼は足を止めます。驚いた表情で頭上を見あげ、一体何が起きてるのか?と疑問に思うリック。彼はひたすら歩き続けるのでした。
望遠鏡を覗く清掃人の一人が、高台からリックを発見します。リックは、清掃人の基地に向かって歩いているようです。

その頃聖域では、ユージンが寝具を届けにガブリエルを訪れます。彼は独房の扉を開けると、そこには震えて汗をかいているガブリエルを発見するのでした。苦しそうに話し出すガブリエルは、カーソン医師をマギーの元に連れていくようユージーンに伝え、意識を失います。。。。

ウォーキング・デッドシーズン8第5話を見た感想【ネタバレ】

ニーガンの素性・リックとの共通点

このエピソードでは、ニーガンの新たな側面を見る事ができます。
ガブリエルとの会話で、過去を語るニーガン。妻、ルシールの事を語り始めますが、彼はルシールに対して罪悪感があり、さらに死んでしまった後、転化をさせてしまったとをひどく後悔しています。その時のニーガンの表情はとても人間らしく、ガブリエルは直接そのニーガンの表情を目撃していませんが、これがニーガンが他者には絶対に見せない部分である事は確かだと思います。そして、彼の言う「弱さ」とは、己が本当に決断を下さねばいけない時に下さないということなのだと感じるのでした。組織をまとめる段階で、彼は人々に弱さを糧にして強くなる、いわば成長するということを強要させ、組織をより強くさせるという方法を彼の経験に基づいた上で行っているのではないでしょうか?

もちろん、ニーガンは沢山の人々を殺し、理不尽な事を行ってきましたが、彼なりの理由があったということがこのエピソードで明らかにされました。兎も角も、彼の理論から言うと、過去に必要最小限の殺人を行ったという見解であり、それは組織を守る為の必要な行為であると彼は信じているのです。
おもしろい事に、このエピソードで始めてリックとニーガンに共通点を見出しました。
リックはこの戦いを続けるうちに無差別な殺人行為をやめようという意気込みになり始めます。その気持がある故に、ダリルと殴り合いの喧嘩を今回するのですが、死ぬ運命の敵は最小限にしたいと思う気持ちは、ニーガンの考え方と同じなのでした。サイモンが言ったヒルトップの人間を殺すという話で怒り出すニーガンは、人が資源であるという事を叫びます。資源という言葉を使うと、利己的にある意味聞こえるかもしれませんが、無駄に人間を殺す必要はないと彼は理解しているのだと捉えてしまいます。それゆえ、彼はただのサイコパスではなく、この時代をどう人と共存するかということを重点に考えている人間の一人であると言っても過言ではありません。

この二人のリーダーが対決する日は必ず来ると思います。そして、二人が生き残るのか、リックだけが生き残るのかはこの時点ではまだ皆目見当つきません。次回のエピソードが楽しみです!

疑問点・ヘリコプターのシーン

リックが遭遇するヘリコプターですが、彼の幻想と思ってしまうのは私だけでしょうか?もうすでに、彼は過去にも幻想・幻聴を体験している(シーズン3、ローリが死んだ後)ので、彼の事を疑ってしまいます。しかしながら、仮にもしこの時点で実際にヘリコプターが飛ぶような事態が起こっていたとしたら、このシリーズは大きく別の展開になると思います。もし、生き残りの政府軍がいて、この狂った世界を変化させることができるとしたら。。。ますますこのドラマの今後の展開を、期待してしまいます。

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA