ウォーキング・デッドシーズン8 第6話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

ニーガンとガブリエルは、閉じ込められた場所から脱出します。
その頃聖域では、内部の人間が裏切り者ではないかという疑惑が浮上していました。
一方リックとダリルは、ニーガンの武器を奪い取ることに成功しますが、意見の対立をし二人は別々の行動を取ることにします。リックが向かった先は、清掃人の基地でした。。。シーズン8第6話を視聴しました!

シーズン8第6話「分かれ道」あらすじ【ネタバレ】

①ひとりで歩き続けるリックは、廃棄となっている電子レンジの中から手紙を取り出し仲間の状態を知ります。
その頃キャロルは、アレキサンドリアとヒルトップからそれぞれの状況が記載されている手紙を受け取りました。アレキサンドリアでは、戦いから戻ったタラが王国、ヒルトップのそれぞれの戦いに関して書かれている手紙をミショーンに渡します。そして、ヒルトップに到着したアーロンは、グレイシーを抱きながらマギーと対面するのでした。側にエリックがいない事から、彼女は状況を察し悲痛な眼差しをします。
リックは手紙に思ったよりも厳しい戦いだが、これが最後の戦いになると書き記していました。そして彼は、計画通りに清掃人のアジトに向かっていると言うのです。

②ヒルトップの外には、捕虜になったニーガンの手先達が座らされていました。ジーザスは、食料をその捕虜達に与えます。そこにマギーが現れ、ジーザスのその行動を注意するのでした。そしてマギーは、ニーガンとの戦いを終えるにはどんな手段も今は選択できると彼に告げます。
王国では、エゼキエルが講堂から外に全く出てこない状態が続いていました。キャロルはそんな彼に予定通り計画を進めるとドア越しに叫びますが、見張りをしていたジェリーがエゼキエルは今誰とも会いたくないと肩を落とし伝えます。

③清掃人の基地に到着したリックは、ジェイディスと対面します。前回彼を撃ったという彼女に対してリックは、ただのかすり傷だったと言い張りました。疑いの目つきをしながら何をしにきたのか?と聞くジェイディスに対し、彼は前のように取引がしたいと持ちかけます。
そしてポラロイドを取り出し倒した救世主達の姿を見せるリックは、ニーガンの基地をすべて潰したと告げ、一緒に戦うかどうかを清掃人達に迫るのでした。涼しい顔をしてジェイディスは、参加しない旨をリックに伝えます。

④アレキサンドリアでは手紙を受け取り事情を把握したミショーンが、聖域が本当に壊滅したかを見に行くことにします。そこへロジータが現れ、街に残るように言われているとミショーンの行動を止めにかかりました。しかしながらロジータ自身も戦いの行く末を知りたい気持ちがあった為、結局一緒にアレキサンドリアを後にするのでした。
一方タラの家の前では、戦いから戻って来たダリルが彼女を待っています。家から出てきたタラは、彼を見てびっくりしますが二人は話をし始めました。彼女は、ダリルがドワイトを生かすという決断は正しかったと言います。そしていつか彼を必ず殺すと誓うタラに対し、ダリルはすぐに彼女と一緒に奴を始末する事を提案するのでした。

⑤森の中を一人で歩き回るカールは、罠にかかったウォーカーを倒す人を見つけます。カールはその人に声をかけるとその人物は、以前ガソリンスタンドで出会った中東系の男性だったのです。カールは自分の名前を告げると、その人はセディクと名乗りました。
あの日からずっと彼を探していたと言うカールに対して、驚きの表情をするセディク。彼は、自分の死んだ母親から聞いたウォーカは死ぬと魂が解放されるという話をカールにします。カールは一人でウォーカーを退治するセディクの身を案じ、彼をアレキサンドリアに連れて行きたいと思うのでした。

⑥ヒルトップの囚人達は、中庭の一角に収容されることになりました。その様子を見ていたグレゴリーは、危険な人々を敷地内に入れるのは間違っているとマギーに言いだします。マギーはそんな彼を蔑んだ目でみつめ、グレゴリーをその囚人達と一緒に収容する事を部下に命令しました。マギーの冷たい対応に驚愕しながら、グレゴリーはその場で泣き崩れます。
その頃、車に乗り聖域に向かっているミショーンとロジータは、何処からか音楽が聞こえてくる事に気がつきました。その方向に進んでいくと、それは救世主のアジトだったのです。
基地の中に潜入した彼女達は、二人の救世主が大きなスピーカを積んだ車から音を流して聖域のウォーカをおびき出すという計画を耳にします。二人はすぐさまその行動を阻止する為に、二手に別れました。
建物の中を徘徊しているロジータはロケット弾を見つけ、遭遇した救世主の一人に発砲し殺傷します。一方ミショーンは、体調が回復していない為うまく戦えず、救世主の女は車で逃げ出すのでした。急いでロジータとミショーンはその車を追いかけますが、二人は音楽を鳴らしながら立ち去る車を、唖然として見るしかありません。

その時突然現れた清掃車が、救世主の車に突進し破壊します。その清掃車に乗っていたのは、ダリルとタラでした。
4人は互いの気持ちを伝え、その足で聖域に向かう事にします。

⑦エゼキエルが閉じこもっている事に不服を感じるキャロルは、我慢ができずとうとうエゼキエルのいる場所に入っていきます。
王国で行っていた自分の行動は、全て演技でありそれを続ける事はできないと言うエゼキエル。そしてキャロルといると、偽りのない自分でいれたような気がしたと彼は告白するのでした。キャロルは彼の言い分を聞き涙を流しながら、王国の人々はエゼキエルを待っていると伝えます。そして国王としてでなくても、戦いが終わるまで責任を持つようにと投げかけるのでした。それを聞いてもエゼキエルの気持ちは変わらず、彼女に立ち去るよう伝えます。

⑧ヒルトップでは、アーロンとマギーが部屋で話をしていました。アーロンは、エリックを亡くした悲しみをマギーに伝えます。
マギーは自分も大切な人を失っていることから、彼の気持ちを誰よりも理解できるのでした。
そこへジーザスが現れ、マギーが捕虜達を殺さなかった事に対して感謝します。マギーはそのジーザスのコメントを遮り、捕虜達は何かあった時の切り札に利用すると言うのでした。

聖域の前に到着するミショーン、ロジータ、タラ、ダリル。ダリルはミショーンとロジータに双眼鏡を渡して、聖域の前にはびこる群集達を見せます。そしてダリルは、この戦いは今終わらせると断言するのでした。
清掃人の基地では、ジェイディスがコンテナにチョークで「A」の文字を書き立ち去ります。そのコンテナの中には、汗だくになり外の様子を伺うリックが監禁されているのでした。。。

シーズン8第6話をみた感想【ネタばれ】

まだ1日半しかたっていないこの戦い・リックの作戦とは?

このエピソードにおいてリック達の戦いは、遂に別のステージに進みます。
王国、ヒルトップ、アレキサンドリアの人々は、それぞれの状況を手紙で報告しあいました。
そしてリックは自分の信念を曲げず、清掃人の基地を訪れます。リックは自分が前回撃たれた経験がありながらも、清掃人達と手を組む作戦を実行するのです。この展開は、ありえる内容だと思い視聴しましたが、彼が拒否されるのも想定内でした。そしておそらく清掃人が参加しないという事も、彼の計画の一部なのではないかと考えさせられました。
清掃人のジェイディスですが、彼女は信用におけない人物であると感じさせられるのは私だけでしょうか?
このグループが、別のグループと手を組む事が不可能に感じます。
今リックは監禁されていますが今後清掃人がリックの事を拒否し続けるのか、今の段階ではわかりません。
どんな展開になるのか、待ち遠しいです!

ミショーン・ロジータ・カール・セディクに関して

このエピソードで、ミショーン、ロジータ、カール、そして新キャラクターのセディクが再度登場します。
ミショーンとロジータは車で出かけていきますが、やはり彼らは戦士なのだと思わされました。しかし彼女達はタラ達と合流し聖域に行きますが、この後聖域に攻め込むのでしょうか?もしそうだった場合そんな彼らに対して、少し無謀な感じがします。リックはこの計画を成功させる為に綿密なプランを練ったので、それが無駄にならない事を願わずにはいられません。

カールとセディクの対面シーンですが、カール自身の自己の確立を視聴する事ができます。
彼はリックであれば絶対に取らない行動を、セディクに対して行います。これはカールのリックに対しての反抗ではなく、自分がどんな人間であり続けたいか?という質問に沿って出した回答のような気がしました。そしてこのカールの行動から、彼は困っている人を助けるという優しい気持ちを持つ人間なのだと改めて感じさせられるのです。戦争の状態に置かれていても、正しい事は正しいと思うカールの信念は、この状況だからこそ大切なのではないかと思います。ここまでまっすぐに育ったカールの姿を見と、感慨深く感じるのでした。

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA