ウォーキング・デッドシーズン8第8話【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

清掃人のアジトで監禁されたリックは、最終的にジェイディスを味方につける事に成功します。一方聖域に辿り着いたダリルとタラは、今戦いを終わらせるという理由で襲撃をかけるのでした。そしてユージンは苦悩しながらも、ニーガンの元にいる事を決意します。シーズン8第8話を視聴しました。

第8話「暗夜の口笛」あらすじ【ネタバレ】

①聖域の状況が思った通りではない事を知ったリックは、無線で仲間達に呼びかけますが誰一人として応答しません。
そして場面は、過去のフラッシュバックに切り替わります。それは戦いの前、給油をしに行ったリックとカールがアレキサンドリアへ戻るシーンでした。ガソリンスタンドで遭遇した人にリックが威嚇をしたのを見て、カールはリックが人の事を気にかけていないと伝えるのでした。続けて彼はリックにこの戦いで救世主を全員殺さねばいけないのか?と疑問を投げかけます。そして彼は父親に、今後の事も考えるべきであると仄めかし前に進む為には人と共存しなければいけないと訴えるのでした。
再度場面は聖域の前にいるリックが、救世主達から発砲される状況を映しだします。反撃を試みるリックを横目にジェイディス達は、彼を置き去りにするのでした。
激しい銃撃戦に巻き込まれたリックは、身を隠す事しかできません。そこへキャロルとジェリーが現れ、彼を助けるのでした。車で移動中彼らは別々に行動をして、それぞれのコミュニティーの状況を確認する事を決めます。

②その頃ヒルトップを後にしたアーロンとイーニッドは、車で浜辺の人々の基地へ向かっていました。こうやってドライブをすると、エリックの事を思い出すと言うアーロン。彼はエリックの死を無駄にはしたくないと語ります。そしてアーロンは今行っている行動が危険であると承知の上で、浜辺の人々がこの戦いに参加するように説得すると伝えるのでした。
走行を続けてしばらく経つと夜になり、二人は一旦休む事にします。少し経つとアーロンは、近寄る人影を感じ取り車を降りる事にしました。危険を感じたイーニッドは、その人影に発砲し地面に倒れる人を目撃します。そこへ武器を持ち現れた人々は浜辺の人々でした。シンディーは、イーニッドが自分の祖母ナタリアを殺した事を知り泣き崩れます。

一方アレキサンドリアでは、聖域を襲撃し帰還したダリルがミショーンに話かけました。ダリルはすぐに救世主達は降伏するという事と、襲撃は成功したと自信を持って彼女に伝えるのでした。

③夜道ヒルトップの仲間達と車で聖域まで向かうマギーとジーザスは、道の真ん中に置かれている大きな丸太を発見します。
そして停車を余儀なくされた彼女達の前に、後方から数台の車が次々と現れるのでした。車を降りた人達は、救世主のサイモンと囚われの身になっているジェリーだったのです。

サイモンは、マギーにヒルトップは今まで通り救世主に物資を提供してもらうと言い切ります。唖然とした表情でマギーは、どのようにして聖域を脱出したのか?と彼に聞くと、その問いに対して彼はユージンの助けで問題を解決したと説明するのでした。
そして彼の要求に納得をしない場合、今すぐジェリーとマギーを殺しウォーカー達をヒルトップへ向かわせると脅迫するのです。
マギーは渋々彼の話に同意を示しますが、サイモンは突然マギーの乗っている車の後部座席にいるニールを、見せしめとして射殺します。彼女は無念と怒りを感じながらも、救世主に服従するしかないと思うのでした。

④アレキサンドリアでは、物資が入っている袋を持ち地下道へ行こうとしているカールをミショーンが見つけます。どこに行くのかと聞く彼女に対してカールは、地下道にセディクをかくまっている事を白状するのでした。
その時街のゲートの外で、大声で叫ぶ人の声を二人は聞きます。それは聖域から抜け出した、ニーガン達だったのでした。
ニーガンの声を聞きミショーンとカールは、凍りつきます。ニーガンは拡声器を使い、今回の過ちを正す為に誰かが犠牲になりその後リックを住人の前で殺すと叫びました。それを聞きながらカールはミショーン達に裏から逃げるように指示し、彼は敵の前に立ちはだかります。
ニーガンに対して、誰かを殺すという事であれば自分が死ぬと告げるカール。自分が死にこの戦いが終わり、救世主達の状況も変わるのであればそれも仕方がないという事と、そもそもこの状況を望んでいるのか?とニーガンに問うのでした。ニーガンはカールのその発言に驚きを隠しきれませんでしたが、裏から人々が逃げた事を知り街を攻撃するように命令します。

⑤その頃救世主の別の集団は、王国の敷地内に侵入しエゼキエルを探していました。住人達を集め、リーダーがどこにいるのかと淡々と問いエゼキエルを差し出さないと誰かが死ぬ事になるとギャビンは人々を脅します。しかしそれを聞いている住人達は、誰一人と口を開きません。その様子を遠目で見るエゼキエルは、街の一区画に火を放ち救世主達の気をそらす事を考え、実行しその隙にスクールバスを運転し住人達の所へ到着するのでした。エゼキエルは彼らに、バスで脱出するよう伝え走り去ります。その後エゼキエルは一人で街の中を逃げ続け、住人達が脱出した後にゲートを封鎖しようとしていました。そしてゲート越しで、キャロルと再会をします。エゼキエルは、彼女に人々を助けるよう告げゲートを閉めるのでした。そこへギャビンが登場し、王国の王をついに捕まえます。

⑥襲撃されたアレキサンドリアの裏から脱出を果たしたダリル、ミショーン、ロジータ、タラは車から降りてここを通るであろう救世主達を待ち伏せしています。ダリル達の清掃車での襲撃が原因で、聖域から逃げ出したわけではないと言うタラに対してロジータは、もしそうだったとしてもこれは単なる一つの誤りでしかないと言うのでした。彼女は自分も正しいと思い行動をした事があると、サシャの事例を出して語りだします。そして結果はどうであれ、あの時自分はそれが正しいと思い行動を取った、とロジータは告白するのでした。そこへドワイト率いる救世主の数台の車が到着します。ダリル達は彼等に発砲し、すぐさま銃撃戦が始まるのでした。
その最中ドワイトは、ダリル達に発砲をせずに自分の仲間達を数人射ち殺します。激戦が終わったと思った彼は、様子を見るために動きだしますが、その時ローラに銃を突きつけられます。そして彼女は、裏切り者に発砲するのでした。腕を負傷したドワイトは銃を握る事ができません。ローラはその場を立ち去ります。

⑦火の海になりかけているアレキサンドリアへ、突入するニーガン。街の中を探索しカールを捕らえるよう部下に指示します。そして家は、一軒ずつ燃やす事にするのでした。
その頃聖域では、医務室に入ってきたユージンがガブリエルとカーソンを助けると言いだします。聖域の北側には今警備員はいないと告げるユージンに対して、驚いた表情をしながら一緒に来るように伝えるガブリエル。ユージンは、その提案を退け彼等に車の鍵を渡し部屋を出て行きます。
一方ヒルトップに仲間と一緒に帰ってきたマギーは、車を降りるとすぐさま捕虜達がいる場所に行きました。そして衛生基地でジーザスを殺そうとした捕虜の一人を撃ち殺します。驚愕している捕虜達に彼女は、救世主が今夜ヒルトップの仲間を一人殺したと言い放つのでした。そしてマギーはジーザスにヒルトップ以外の場所は襲撃された為、ここが最後の砦になると言明するのです。

⑧アレキサンドリアにやっと戻ったリックは、自分の家に忍び足で入ります。そこで突然待ち伏せをしていたニーガンが襲いかかるのでした。ニーガンは、リックに対して今は殺さないが後日人々の前で必ず殺すと笑いながら言います。彼等は取っ組み合いの喧嘩を始め、戦い続けますがニーガンに突き飛ばされたリックは外に飛び出されてしまい彼はそのまま逃げだすのでした。
そしてリックは、街の中で狂ったように刀で死体を刺し続けるミショーンと出会います。彼は、ミショーンと共にアレキサンドリアの人々が隠れている所へ行くのでした。

地下道を進むとそこにはアレキサンドリアの生き残りと、ドワイトが佇んでいました。そしてセディクを見て驚くリックに、自分が連れてきたとカールは言うのです。続けて彼は「そしてこうなった」と言いながら自分のシャツをめくるのでした。そこには、ウォーカーに噛まれた傷跡があり、それを見たミショーンは絶望しながら膝を落とします。リックは無言でカールを見つめ、苦悶した表情を見せるのでした。。。

ウォーキング・デッドシーズン8第8話を見た感想【ネタバレ】

救世主の反撃・リックグループが徐々に崩壊

ニーガンが、遂に反撃にでました。前回のラストシーンで、こうなるであろうと予想はしていましたが思ったよりも展開が早いことにビックリしています。救世主達が、こんなにも簡単に聖域から脱出をしてしまうとは。。
次々と救世主達は、リックとその仲間を追い詰めます。王国ではエゼキエルが人々を守る為に命をはり、捕らわれる事を選択します。マギーは、ヒルトップの仲間の為にサイモンの要求を呑みました。そしてリックは、炎に包まれた自分の街を見て呆然とするのでした。
いろいろな状況が急ピッチで展開していくこの第8話は、
今の段階でリックのグループが絶対的に不利な立場でエピソードは幕を閉じました。数ヶ月後に放送されるシーズン8の後半は、本当に予測不能な状態で始まることでしょう。いつも通り、一抹の不安を視聴者に与えて数ヶ月間結果を待たねばいけないのですが、次回の放送が待ち遠しいは私だけではないのは確かでしょう。シーズン6の終わりのエピソードで、誰がニーガンの犠牲になるのか?と次のシーズンを待っている時のように視聴者の期待を裏切らないこのドラマに素晴らしさを感じます。

カールの受難

このエピソードの終わりは、まさに衝撃以外の何物でもありません。まさかカールが負傷しているとは、思いもしない結末でした。これにより第1話で年老いたリックが出てくるシーンで見た内容が、必ずしも現実的に起こる事ではないという事が判明するのです。
そして第8話は、カールの印象的なシーンが満載するエピソードだと思います。
ニーガンと対面した時の彼との会話は、特に印象深いと感じました。最終的にニーガンを騙す形になったとしても、カールの伝えた事は嘘ではありません。カールは正直に、ただ殺しあう事が最終的に良い状況ではないとニーガンも分かっていると感じ、この状況が彼の理想なのか?と彼に問います。それを聞いたニーガンは、確信を付くカールの発言にハッとさせられる表情をするのでした。
カールが自分の気持ちを伝えるこのシーンは、このシーズンの中でこの二つのグループの争いによりどんな利益があるのか?という非常に重要な疑問を投げかけていると思います。両者ともにこの戦いで血を流し続けていますが、カールはそれがどんな理由が過去にあったとしても、殺しあう事が最善な方法ではないという事にすでに気がついているのです。このカールの考え方は、どちらかといえばジーザスの考えに似ているのかもしれません。しかしながら戦いに躍起になっている人々は両者ともに、勝利する事以外に目を向けていないのです。
シーズン8の第9話で、カール
が再登場するのかどうかは全くわかりません。しかし今回のエピソードにより、このシーズンの風向きは一気に別の方向へ変わるような気がします。そして今回起こった事により他のキャラクター達にも大きな影響を与える事は間違いないでしょう。

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA