ウォーキング・デッド シーズン2 第12話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

農場へ戻ったランダルにダリルが拷問し仲間の情報を聞き出します。人数も多く暴力的な集団だという事がわかり、リック達はランダルを処刑する事に。しかし、これにデールが強行に反対します。デールは皆を説得しますが、デールの意見に賛成する者はおらず、リックがランダルを処刑する事に。しかし、それをカールに見られ躊躇い、撃てないリック。皆の決定に怒り、外に出たデールはウォーカーに襲われてしまいます。叫び声を聞き、リック達が駆けつけますが、デールは腹を裂かれ苦しんでいます。仕方なくダリルが銃をデールに向け、引き金を引きます。第12話を視聴しました。

第12話「深い森の中で」あらすじ・【ネタバレ】

3分で分かる第12話のネタバレ

  1. 皆でデールの埋葬をします。農場の周囲にウォーカーが増えてきたので、改めて警備を強化する事に。
  2. リックはランダルは処刑せずに、やはりどこかに放置すると言いますが、シェーンは納得しません。リックはダリルと一緒に行く事にします。
  3. カールは銃を持ちだした事、デールを襲ったウォーカーの事をシェーンに打ち明けます。シェーンは「銃は自分で持っていろ、自分の身は自分で守れ。」と言いますが、「もう銃には触りたくない!」と拒否するカール。
  4. 外は危険になったため、リック達もハーシェルの屋敷内で暮らす事になります。一人作業するシェーンにローリは「お腹の子は本当はどっちの子かわからない。」と言い出します。それからリックが戻るまで助けてくれた事にお礼を言います。複雑な思いになるシェーン。
  5. リックはダリルとランダルの処遇について話し合っています。そこへシェーンがカールから聞いた話を伝えに来て、「父親と話したいんだ、ランダルの件は後回しにしろ。」と、自分が代わりにダリルと行くと言います。しかし、それは駄目だと言うリック。
  6. 納屋に閉じ込められているランダルの元へ、シェーンがやってきます。ランダルに銃を向けるシェーン。
  7. シェーンはランダルを森へ連れ出します。そして、「自分は今の仲間にうんざりしている。お前の仲間の所へ案内しろ。」と言います。それを聞いて安心して案内しようとするランダル。後ろから歩くシェーン。しかしランダルの叫び声が。
  8. わざと顔に怪我を負ったシェーンは、ランダルを探すリック達の前に現れ、「逃げられた!後ろから殴られたんだ。」と言います。リックは「全員、家の中に入るんだ!」と言い、シェーン、グレン、ダリルと森へランダルを探しに行きます。
  9. ダリル、グレンとリック、シェーンの二手に分かれて探します。足跡を綿密に探すダリル。そこへウォーカーに転化したランダルが襲ってきます。どうにか倒すと死因を調べるダリル。首が折れていますが、ウォーカーに噛まれた跡はありません。
  10. シェーンはこっちに逃げたとリックを案内します。ランダルが逃げた状況をシェーンから聞き出すリック。先を歩くリックにシェーンが銃を向けます。察したリックは「お前が一人で戻ったら皆が不審に思うぞ。」と言います。「俺を殺せるか!全部忘れて農場へ帰ろう。」とリックは言いますが、シェーンは銃を向け殺そうとします。一瞬のスキを見て、リックはシェーンにナイフを突き刺します。息絶えるシェーン。
  11. シェーンの遺体の前で呆然とするリックの前にカールが現れます。銃を向けるカール。ウォーカーに転化したシェーンがリックに向かってきます。カールがシェーンを撃ちます。
    銃声で、森の中のウォーカーが農場へ向かって集まってきます。第13話へ続く。

 

ウォーキング・デッド シーズン2 第12話を見た感想【ネタバレ】

ローリとの関係もあって、リックとの対立が続いていたシェーンですが、ついに暴走し、ランダルを殺害。リックをも殺そうとします。しかし、逆にリックに刺され死ぬことに・・・このシェーンの暴走の引き金はローリからの「どちらの子かわからない。」発言でしょう。一体、ローリはどういうつもりでシェーンに言ったのでしょう。この不安定な状況で、そんな事をシェーンに言えばどうなるかは想像がついたのではないでしょうか。やはりローリは気持ち的にもシェーンに惹かれていたのか、それともリック、シェーン両方に守られていたいという欲張りな女心でしょうか。このように暴走したシェーンは自業自得と言えますが、ローリにも責任の一端はあるでしょう。一番の親友を自分で殺す事になってしまったリックは気の毒です。
デールに続き、主要登場人物がいきなり死んでしまうびっくり展開が、このドラマから目が離せない理由の一つと言えますね。

ウォーカーに噛まれていないのに転化する理由とは?

第10話の中で、ランダルを放置するために行った学校内でウォーカーの死体に、噛まれた跡がない事に不審がるシーンがありましたが、今回もランダルは噛まれていないのにウォーカーに転化し、シェーンも死んでから比較的早く転化しました。これはウォーカーに噛まれなくても死亡するとウォーカーに転化してしまう事になります。これは一部の人間に限られた事なのか、何か違う感染病が蔓延しつつあるのか、はっきりした理由がわかりません。疾病対策センターでは、この状況は把握していたのでしょうか。新たな謎が出てきました。

出演者紹介「アダム・ミナロヴィッチ」

キャロルの夫でソフィアの父親役のエドを演じた、アダム・ミナロヴィッチはアメリカ ヒューストン生まれで、俳優業の他に脚本ライター、監督業も行っているようです。実生活でも娘さんが一人います。
エドは暴力的でキャロルにもDVをしていた、あまり褒められた夫ではありませんでした。いいとこなしのまま、ウォーカーに襲われ死んでしまいました。演じていて、あまり良いものではなかったかもしれませんが、今後の活躍に期待しましょう。

登場人物一覧はこちら

アダム・ミナロヴィッチ/Adam Minarovich

役:エド・ペルティエ
生年月日:1977年1月30日
主な出演作
映画
『スティーラーズ』
ドラマ
『ウォーキング・デッド』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA