ウォーキング・デッド シーズン2 第1話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回までのあらすじ

生きていくための希望があればとCDC(疾病対策センター)を目指したリック達ですが、施設はすでに機能を失っており、危うく命まで無くすところでした。どうにか脱出したものの、またあてのない旅に出ます。この先は、どこへ向かうのか・・・シーズン2第1話を視聴しました。

第1話「長い旅路の始まり」あらすじ【ネタバレ】

3分で分かる第1話あらすじ

  1. 廃墟と化したアトランタの街並み。リックはトランシーバーでモーガンに呼びかけます。疾病対策センターでの事と、ジェンナー博士に言われた事を伝えようとしますが、言えないリック。そして自分達はアトランタを出てフォートベニング基地を目指す事とモーガン親子の無事を祈ってる事を伝え、通信を切ります。
  2. フォートベニング基地まで200キロ、順調に進んでいたリック達ですが、途中のハイウェイで立ち往生してしまいます。道路には横転した車や乗り捨てられた車が置き去りになっていて、中には死体も放置されています。どうにか通り抜けようとしますが、キャンピングカーが故障してしまい、仕方なく、修理と必要な物資を探す事にします。
  3. そんな中、ウォーカーが近付いてくるのが見えます。集団でこちらに迫ってきます。急いで車の下に隠れますが、慌てたTドックは腕を怪我してしまいます。キャンピングカーに居たアンドレアは、ウォーカーに見つかり襲われますが、ドライバーで顔面を突き刺し助かります。
  4. やっとウォーカーの集団が通り過ぎたと思ったら、ソフィアが見つかってしまいます。ウォーカーに追われ、車の下から逃げ出し、森へと走るソフィア。

    リックが追い着いたリックは、ソフィアに川辺の繁みに隠れるよう言うも、ソフィアは嫌がります。しかしリックは「自分がおとりになって、ウォーカーを倒す。自分が来なかったら、さっきいた場所に戻るんだ」と言い聞かせるのでした。
  5. ウォーカーをおびき出して、倒すリック。しかし、リックが戻るとソフィアの姿がありません。ダリル、シェーン、グレンと共に森の中を探しますが、見つかりません。

    ダリルとリックは森の中でソフィアを探し続けています。そこへ一体のウォーカーが現れます。ソフィアが襲われ食べられた事も考え、殺して胃の内容物を調べます。幸い、ソフィアが食べられた痕跡はありませんでした。
  6. 日暮れが近付きますが、ソフィアは見つかりません。キャロルは取り乱しますが、夜の捜索は危険なので明日の朝、また捜索する事になります。キャロルはなぜ一人にしたの!とリックを責めます。ウォーカーが二人いる状況だったから、仕方がなかったんだ・・とリックは言いますが、納得出来ない様子のキャロル。
  7. 明朝、デールとTドックはハイウェイに残り、ソフィアの捜索に出ます。カールも行きたいと言うので、リックは迷いながらも連れて行く事にします。そして彼らは森の中ではテントを見つけました。
    中を調べにダリルが近付きます。ソフィアがいるのではとキャロルが声をかけますが、そこにはソフィアの姿はなく、腐敗した自殺体が・・・。

    そこへどこからか、鐘の音が聞こえます。何かの合図かもしれないと、リック達は音のする方へ急ぎます。すると教会が見えてきます。教会の中にはウォーカーが3体。ソフィアはいません。鐘はタイマーで鳴っていたようです。
  8. シェーンは、このままの状況は自分にとって辛いので時期をみて、一人で皆から離れるとローリに言いだします。納得出来ないローリはリックに黙って行くの?カールには?とシェーンに訴えます。ですが、二人の言い合いはアンドレアに見られていました。
  9. シェーンが離れると聞いて、アンドレアは自分もこの中から出ていきたい、一緒に連れて行ってくれと頼みます。シェーンは断りますが、アンドレアは諦めません。
  10. 中々、ソフィアが見つからないので、リックは焦り、自分を責めます。リックとシェーン、カールは残ってソフィアを探します。
    その後、森の中で3人は鹿を見つけました。貴重な食料です。シェーンが撃とうとした矢先、カールがゆっくりと鹿へと近づきます。その様子を見守るリックとシェーン。
  11. そこへ銃声が!なんとカールが撃たれてしまい・・・。

    シーズン2第2話へと続く・・・。

ウォーキング・デッド シーズン2 第1話を見た感想【ネタバレ】

CDCから脱出し、結局フォートベニング基地を目指す事になったリック達。アトランタから約200キロに行程になるようです。無事に辿り着けるのか・・・やはりというか、足止めされてしまいました。
ハイウェイは逃げ出そうと人達が車で立ち往生したところを、ウォーカーの集団に襲われたのでしょう。墓場のようになっていました。このような事態になったときに車で逃げるのは案外、得策ではないのかもしれません。特に人が多く集まる場所は、一人でも感染者が出ると、あっという間に広まる事になります。そうなると逃げ場が無くなってしまうので、やはり人気のない山中へ逃げるか、海に出てしまう事もありかもしれません。ただ、サバイバル能力が高くないと生き残るのは難しいですね。

ダリルのトラッキング能力

今回、ダリルのサバイバル能力の高さを見る事になりました。ソフィア捜索に、リックには枯れ葉と泥にしか見えない道を、ダリルは足跡を辿る事が出来ます。これはトラッキングと呼ばれる技術で、足跡を始めとする、痕跡を追っていきます。ただ追うだけでなく、痕跡から様々な情報を読み取り、痕跡の主と同調していきます。折れ曲がった落ち葉や、落ち葉に乗った土などから、そこに靴の底についた土が付着した可能性を考えていくのです。ダリルはこういった技術をどこで身に着けたのかは、わかりません。きっと自然にそうした事が身につく環境で育ったのでしょうね。
そんなダリルの技術をもってしても、ソフィアは見つかりません。一体、どこへ行ってしまったのでしょうか・・

南部パブテスト教会

ソフィア捜索の途中で、教会を見つけます。南部パブテスト教会とありましたが、南部で多いパブテスト派、米国プロテスタント系キリスト教の最大教派です。公民権運動指導者のマーティン・ルーサー・キング牧師もこの教派です。他の教会や信徒団体に比べ、神学的・政治的に保守・キリスト教右派的なキリスト教根本主義の傾向が強いとされています。

ローリ、リックとシェーンの三角関係

CDCでシェーンに迫られて怯えていたかと思ったら、今回は私を無視しないで!とシェーンを責めるローリ。シェーンが一人でここを抜けるつもりだと言うと、リックは?カールは?とも言いだします。ローリとしては、二人の関係はなかった事にして、今まで通りリックや自分達のサポート的な役割を望んでいるようです。でも、それはローリを愛しているシェーンには辛い事になってしまい・・・シェーンは本当に今後離れる事になるのでしょうか。リックはいつか二人の関係を知る事になるのか。この三角関係が、今後どういう事を招くのかも気になるところです。

出演者紹介「ノーマン・リーダス」

高いサバイバル能力と時折、垣間見える優しさ、孤高の人ダリルを演じるノーマン・リーダスはシチリア島出身の父と、イギリス人の母の間に生まれました。親の仕事の都合でイギリス、スペイン、日本で生活していた時期もあるそうです(千葉県習志野の大久保)その後、ロサンゼルスに戻り、ハーレーダビッドソンの店で働きながら、画家・写真家として活躍。画材代金のために舞台に出演したのがきっかけで俳優を始めました。
ウォーキング・デッドではメルル役のオーディションを受けた彼のために、新たに用意された登場人物が弟ダリルで、原作には存在しませんでした。現在は原作者お気に入りの登場人物になっています。
私生活では90年代活躍したヘレナ・クリステンセンとの間に息子がいます(現在、二人は離婚)この息子、ミンガン・リーダスは超イケメンで、メンズモデルとしてカルバン・クラインのショーに出演しています。

登場人物一覧はこちら

ノーマン・リーダス/Norman Reedus

役:ダリル・ディクソン/Daryl Dixon
生年月日1969年1月6日
主な出演作
映画
『ミミック』
『8mm』
『処刑人』
『ブレイド2』
ドラマ
『LAW & ORDER:性犯罪特捜部 』
『HAWAI FIVE-O』
『ウォーキング・デッド』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA