ウォーキング デッド シーズン4第4話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

焼かれたカレンの遺体を発見したタイリースは、リックに「犯人を捜してくれ!」と迫ります。怒りの収まらないタイリースはリックと殴り合いに。サシャに続き、ドクターSまで感染しD棟の全員が感染してしまいます。80キロ先に獣医の大学があるので、動物の薬でも有効かもしれないとハーシェルが言い、ダリル達が向かう事に。そんな中、グレンまで感染してしまいます。ハーシェルは森で薬草を摘み、それを患者達に煎じて飲ませていきます。大学へ向かったダリル達はウォーカーの大群に遭遇し、車を乗り捨て逃げる事に。
リックはカレンの遺体を焼いたのはキャロルだと気が付きます。キャロルに尋ねると「そうよ。」と・・・
第4話を視聴しました。

第4話「傷だらけの絆」あらすじ【ネタバレ】

3分で分かる第4話のネタバレ

  1. リックとキャロルはダリル達が戻らない事もあり、物資の調達へ向かいます。道中、キャロルは「二人の遺体を焼いたのは感染を防ぐためだった、誰かがやらなきゃいけなかった。」とリックに言います。
  2. ある住宅街に着いたリックとキャロルは薬と食料を探す事にします。一軒の家で生存者の若い男女に出会います。二人は避難所にいたものの、そこも壊滅し移動しながら此処へ辿り着いたようです。
  3. リックとキャロルは二人に自分達のいる刑務所はインフルエンザが蔓延している事を話しますが、二人は一緒に連れて行って欲しいと言います。リックは難色を示しますが、キャロルは人手はあった方がいいと言い、二人も物資探しを手伝う事になります。
  4. ウォーカーから逃げたダリル達は森を抜けだし、車を見つけます。そして大学へ向かいます。しかし、カレンを失った喪失感と怒りで自暴自棄になっているタイリース。
  5. 大学へ着いたダリル達。薬を探して廻ります。
  6. リックとキャロルが物資を調達し、野菜や果物の調達へ向かった二人の元へ行くと、女はウォーカーに襲われてしまっていました。男の方は待ってみましたが戻ってきません。
  7. リストの物が、すべて揃ったダリル達は刑務所へ戻る事にします。しかし、建物内にはウォーカーが溢れ、逃げながら出口を目指します。窓から飛び出し、どうにか逃げ出します。
  8. ボブが窓から飛び出す際に、ウォーカーの群れに荷物を落としそうになり、ウォーカーに荷物を掴まれますがボブは離そうとしません。その中には酒瓶が入っていました。見つけたダリルは怒って酒を捨てようとします。ダリルに銃を向けようとするボブ。ダリルに掴みかかられ、「帰ったら半殺しにしてやる!」と言われてしまいます。
  9. リックとキャロルは刑務所へ戻る事にします。リックはキャロルがやった事をタイリースは勿論、皆が知ったら大変な事になると言い、そして「君とはもう一緒に暮らす事は出来ない。」と言います。キャロルはリジーとミカを気にして泣き出しますが「二人は俺が守る。君は一人でも平気だ。」と。キャロルはエドから結婚一周年に貰った時計をリックに渡し、物資を分けて貰い一人で旅立ちます。

 

ウォーキング・デッド シーズン4 第4話を見た感想【ネタバレ】

刑務所内にインフルエンザの感染が広がる中、薬の調達に出たダリル達が戻らない事や、食料の不足もあってリックとキャロルが物資の調達へ出ます。まだ、カレン達の遺体を焼いた事はリックしか知りません。
やはり、キャロルは感染を防ぐために焼いたと言います。キャロルは誰かがやるべき事で、自分はそれが正しいと思ったからやったのだと言います。
キャロルは物語の最初では夫のDVに怯え、夫が死んでからも娘ソフィアを守る事だけに必死な弱い女性でした。しかし、ソフィアの死からその自分の弱さから娘が死んでしまったのではないか、もっと生き残るために娘にもいろいろ教える事が出来たのではないかと考え始めて、変わったように思えます。
リジーとミカの姉妹にもソフィアの二の舞になって欲しくないという思いもあるのでしょう。しかし、それが時に極端に冷淡な判断になり、遺体を焼却するという行動に出たのだと思います。ただ、その判断や行動力が脅威にもなり得ます。リックはそこに強い不安を感じます。仲間であっても状況次第では殺害するという人とは、一緒に暮らしていく事は困難です。ずっとこのままリックが黙っていたとしても誰かが気が付くかもしれませんし、タイリースに知れたら大変です。残念ですが、ここでキャロルには離れて貰うしかないとリックが判断した事も仕方のない事でしょう。

ボブのアルコール依存症

ボブは感染拡大前は軍に所属して衛生兵もしくは軍医を勤めていました。しかしある出来事からアルコール依存症になってしまいます。今もアルコールに対する欲求が抑えられないようです。物資調達の度にアルコールを見つけると手が出てしまいます。
アルコール依存症は薬物依存と同じで、長期に渡る断酒をしても少量の再摂取から短期間に断酒前の摂取行動に戻ってしまいます。日常行動の合間に飲酒を繰り返し、飲んでは眠り、覚めては飲むの病的飲酒パターンになります。今の刑務所内でボブがこのような行動を取れば、迷惑なだけでなく、危険な状況をも生みかねません。今回もダリルに酒を見つけられ、銃を向けようとします。今後もボブが酒に執着するようだと問題が起こりそうです。

出演者紹介「ローレンス・カオ」

ウッドペリーの警備兵ティム役を演じたローレンス・カオ。アメリカのカリフォルニア生まれの俳優です。台湾系アメリカ人のようです。

出演者・登場人物一覧はこちら

ローレンス・カオ/Lawrence Kao

役:ティム/Tim
生年月日
主な出演作
『ウォーキング・デッド』
『NCLS』
『The Originals』
『Girlboss』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA