ウォーキング・デッド シーズン6第6話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

連絡も取れず、戻って来ないニコラス、グレン、ダリル、サシャ、エイブラハムの無事を願いつつも、とこかで死んでしまったのではないのかという不安を抱き、その思いを押し殺しながら、5人の帰還を願うアレクサンドリアで待つ仲間達。
そんな中、ウォーカーの大群を食い止める街の壁から血が流れ落ちるという異変が、アレクサンドリアの住民達の気づかないところで起こり、不穏な空気に包まれた中で第5話は幕を閉じました。

第6話「迷いの森」あらすじ【ネタバレ】

❶ウォーカーの大群をアレクサンドリアから逸らすために、先頭で誘導を行うダリル、エイブラハム、サシャの視点から始まります。
ウォーカーの誘導中、いきなり謎の集団に襲撃を受けてしまい、エイブラハムとサシャは反撃を行い撃退に成功しますが、その時ダリルとはぐれてしまいました。

❷腕を負傷しながらも、なんとか森へ逃げ込み難を逃れるダリルでしたが、一息着こうと崩れ落ちたその場で、黒焦げになった奇妙なウォーカーを発見します。
その後も不自然に焼けた森を歩き続け、はぐれてしまったサシャとエイブラハムに交信を試みますが、雑音が入るばかりで連絡は取れません。
その時何かの気配に気付き、バイクを隠して気配のする方へと近づいて行くと、女性2人を発見しました。しかし、背後から近づく男に気付かず、後ろから殴られ気絶してしまいます。

❸目を覚ますと拘束されており、どうやらダリルを追っ手だと勘違いしているらしく、誤解を解こうとしますが、男は全く聞く耳を持ちません。
仕方なく、大人しく3人についていくと、フェンスで囲まれたひらけた場所へ着きました。しかし中には無数のウォーカーがおり、それを見て絶望の表情を浮かべながら「パティ…」と呟く男。どうやら中には仲間が居たようで、ウォーカーの襲撃によって襲われてしまったようです。すると、片方の女性が急に体調が悪くなったようで、その場で崩れ落ちる様に倒れてしまいます。その隙を見逃さなかったらダリルは、ボウガンの入ったカバンを奪い返し、その場から脱出します。

❹エイブラハムとサシャはダリルの痕跡を見つけ無事を確信しますが、やはり連絡は取れません。そこで、追跡のプロであるダリルの腕を信じ、自分たちの痕跡を残しながらダリルに見つけてもらう事にします。
そして、街の中を歩いていると丁度休むのに適した建物を発見し、ダリルが発見してくれるまでそこを仮の拠点とする事にしました。
少し落ち着き2人で話をしていると、エイブラハムはサシャを気遣っているつもりでしたが、最近のエイブラハムの行動をサシャに「度胸試しをしているつもり?」と反論され、実は自分も精神的に参っているのだと気付かされます。

❺一方、難を逃れたはずのダリルでしたが、カバンに入っている薬と注射器を発見し、さっき倒れた女性に必要なものだと確信し、取引だと言いつつもしっかり返しに行きます。
しかし、そこに本当の追っ手が現れてしまい追い詰められてしまいますが、ダリルの機転によりなんとかその危機を脱します。

❻その頃、エイブラハムは周辺の探索に出かけており、そこで軍のものと思われる車両からロケットランチャーの弾と葉巻を発見します。すると、近くのフェンスに引っかかっているウォーカーがロケットランチャーの本体を担いでいる事に気付き、またもや危険と分かりながら、無理にウォーカーから本体を取り上げようとします。しかし、先ほどサシャに言われたことを思い出してか、ウォーカーと揉み合いながら自分の中で葛藤をし、最終的には大声で叫んだと同時に何かが吹っ切れ、本体を諦めウォーカーから離れます。
その後、先ほど見つけた葉巻で一服していると、なにかに導かれるように、ウォーカーだけがフェンスからずり落ち、フェンスにはロケットランチャーの本体だけが引っかかり、安全にそれを回収することができました。

❼エイブラハムは戦利品とともに、仮の拠点へと戻ると、サシャに今の自分の素直な気持ちを打ち明けます。それをきっかけに2人の距離は近づき、どこかお互いに少し、心の闇が払拭され、一歩前へと前進したようにも思えます。

❽森の方では、ダリルの誤解も解け、やっとお互いにまともな会話が出来るようになります。すると片方の女性が何かを発見したらしく、男に「ティナ!」と呼び止められるもそれを聞かず、駆け寄って行きます。そこには焼け焦げた遺体が2つありました。どうやら3人の知り合いであり、また、3人が森を焼いた事によって死んでしまったようです。
悲しみに暮れながらティナは、遺体に花を添えようとします。しかしその時、ウォーカーと化したその遺体が起き上がり、ティナに襲いかかってきました。助ける間も無く噛まれてしまったティナはそのまま死んでしまいます。

悲惨な事態となり、更に悲しみに暮れる2人にダリルは例の質問を行います。ダリルは2人を、アレクサンドリアに迎えようと決めたのです。
すると、ここで予想外の展開が。2人がダリルを裏切り、ダリルはバイクとボウガンを盗られてしまいました。
まさかの裏切りに遭い、途方に暮れるダリルでしたが、お得意の探索能力で燃料タンクを積んだトラックを発見します。

❾仮の拠点でダリルを待つサシャとエイブラハム。すると外から車の音がして、一瞬警戒をしますが、すぐに笑顔に。ダリルが場所を見つけ迎えに来てくれたのです。
車でアレクサンドリアへ急ぐ3人ですが、ダリルが無線でリックと連絡を取ろうとするも、やはり連絡はつきません。しかし、雑音に紛れて微かに人の声が聞こえます。ダリルが「なんだって?」と聞き返すと、今度は弱々しくもはっきりと「助けて…」との声が聞こえたところで第6話は終了します。

ウォーキング・デッド第6話を見た感想【ネタバレ】

今回はダリル、サシャ、エイブラハムの3人がメインの話でしたが、その中でもダリルが1番のメインの回でしたね。悪態をつきながらも、面倒見の良いところは相変わらずですが、前回、リックに「もう新しい人間は受け入れない」と言われたにも関わらず、今回は自分の意思で、謎の男女をアレクサンドリアに招こうとしていました。リックの事を信頼しながらも、自分の考えもしっかりと持つ。といった意味で、ダリルも少しづつ成長しているのかもしれません。

これからのストーリー展開

登場人物のストーリーが次々と消化されると同時に増えていく新たな問題…
今回の話だけでも

・ダリルが出くわしたウェイドと呼ばれる人物の率いる集団は何者?新たな敵対コミュニティーの存在を示唆する流れ。
・結局裏切られたけどダリルが助けた2人は今後どう関わってくるのか。
・最後の「助けて…」の無線は新キャラ?それとも…?

など様々なトラブルが発生しました。
特に、ダリルが助けた2人は
もはやダリルといえばバイクとボウガン!とダリルの代名詞とも言えるこの2つを盗って行ってしまったので、今後何らかの形でまた登場するのではないかと予想できますね。

出演者紹介「デビッド・モリシー」

シーズン3〜シーズン4で登場した、「ガバナー(総督)」ことフィリップ・ブレーク役デビッド・モリシーはイギリスの俳優です。1964年6月21日生まれで、子供の頃から映画やミュージカルに興味を持ち、14歳の頃に地元の劇団で活動を始め、16歳の頃には学校をやめ舞台や衣裳を手がけ、とうとう19歳でテレビでのデビューを果たしました。
その後も順調にテレビシリーズや映画で活躍をし、2006年には「氷の微笑2」でシャロン・ストーンと共演したことでも話題となりました。
総督といえば、リック達のコミュニティを脅かす、ウォーキング・デッドが始まって初の、人間の敵役として登場したキャラです。
【ウォーキング・デッド 総督】で検索すると関連キーワードで(嫌い、クズ)などと言った、散々なワードが出てくることからも相当な嫌われ者となってしまった事が分かります。しかし、逆にいえばそれだけ、ウォーキング・デッドの総督としての悪役を完璧に演じきり、大成功を収めたといっても過言ではないでしょう。

登場人物一覧はこちら

デビッド・モリシー/David Morrissey

役:フィリイップ・ブレーク(総督)/Phillip Blake
生年月日:1964年6月21日
主な出演作
映画
『ロビン・フッド/Robin Hood』
『恋はサルサで!/Born Romantic』
『氷の微笑2/Basic Instinct 2』
ドラマ
『ドクター・フー/Doctor Who』
『名探偵ポアロ/Agatha Christie’s Poirot』
『ザ・ミッシング 〜囚われた少女〜/The Missing』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA