ウォーキング・デッド シーズン4 第5話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

薬の調達のため、獣医大学へ向かったダリル達が中々、戻らないため、リックとキャロルは物資調達へ出ます。道すがら、キャロルは「カレン達の遺体を焼却した事は感染の拡大を防ぐために、誰かがやらなければならなかった。仕方のない事だった。」とリックに話します。しかし、リックは「この事をタイリースが知ったら大変な事になる、皆も動揺するだろう。君は一人でやっていくべきだ。」と言い、二人は別れる事にします。
ダリル達はウォーカーの群れに遭遇しながらも、どうにか逃げ出し、刑務所へ向かいます。
刑務所内の感染は広がりつつあり、危機的状況です。ダリル達が調達した薬は役立つでしょうか。
第5話を視聴しました。

第5話「遠のく希望」あらすじ【ネタバレ】

3分で分かる第5話のネタバレ

  1. 病人の治療を一人続けるハーシェル。どうにか動けるサシャとグレンがサポートをしています。
  2. キャロルと分かれたリックは一人、刑務所へ戻ってきます。キャロルがいない事を尋ねるマギーに、キャロルがカレンとデイヴットを殺した事を伝え、「タイリースが聞いたら大変な事になる。皆には言うな。」と言います。マギーは「私には出来ない。よく決めてくれた。」とリックを励まします。
  3. ハーシェルの治療もむなしく、次々と死んでいく住人達。サシャとグレンの容態も悪化していきます。
  4. リックとマギーは刑務所の外周フェンスに群がるウォーカーの駆除に追われています。
  5. ハーシェル一人では、対応が間に合わず、房内にウォーカーが発生し、住人を襲い出します。
  6. 外周のフェンスの補強をしていたマギーとリックは房からの銃声に驚きます。マギーが様子を見に行き、リックはカールと補強を続けますが、ウォーカーの数が多すぎて、フェンスが倒れてしまいます。逃げるリックとカール。
  7. フェンスを越えて侵入してくるウォーカーに銃で応戦するリックとカール。
  8. 房内のウォーカーにはハーシェルとマギーが応戦し撃退しますが、グレンの容態がどんどん悪化します。
  9. ハーシェルが必死に治療し、グレンはとりあえず、安定します。
  10. 外のウォーカーもリックとカールに寄って鎮圧されます。そこへダリル達が戻ってきます。
  11. 調達してきた薬での治療が始まります。
  12. グレンやサシャの容態も安定し、一安心するリック達。
  13. 刑務所の外に佇む男がいます。それは総督ガバナーでした。第6話へ続きます。

 

ウォーキング・デッド シーズン4 第5話を見た感想【ネタバレ】

ハーシェルと信仰

ハーシェルの必死の治療が続きますが、中々、沈静化しません。どんどん死亡者が出る中で、転化する前に遺体の頭を刺さなければならないなど、ハーシェルの負担が増えていきます。サシャとグレンがサポートしていますが、二人の容態も徐々に悪化していきます。希望が見えない中で、聖職者であったハーシェルは信仰を信じて、危機を乗り越えようとします。諦めを口にするリックに「神には御意志があるんだ、私は今もそれを信じている。」と訴えます。こうした信念がなくては、ハーシェル自身も乗り越えられない状況なのでしょう。ハーシェルは聖書を手離さず、常にそれに救いを求めています。宗教に関してはいろいろな意見があると思いますが、こうした状況であれば仕方のない事でしょう。また、信仰がなければ乗り越えられない事かもしれません。
ダリル達が調達してきた薬で、事態は沈静化へ向かいます。かなりの犠牲者も出してしまいましたが、ハーシェルの諦めない気持ちのお陰とも言えますね。

リジーの危険な遊び

今回、リジーがウォーカーを手なずけようと、「こっちよ、こっち。」と呼びかけるシーンがあります。子供ながらの自然な反応なのかもしれません。しかし、ウォーカーはただ単に、リジーを獲物としか捕らえていませんし、リジーが言ってる事を、理解して反応しているわけではありません。リジーは自分が誘導出来たと喜びますが、これは大変、危険な行為です。キャロルがいない、これから、リジーがウォーカーに対する認識の甘いまま、ウォーカーをペットか何かのように思い込んでしまう可能性はないとは言えません。誰か大人がちゃんと危険なんだと教えるべきだと思います。

総督(ガバナー)の登場

今回、最後のシーンで刑務所の前に佇む総督の姿が。前シーズンの最後でかなりの暴走ぶりを見せ、まるで狂人にでもなったような彼でしたが、ウッドペリーへ戻らなかったのでしょうか。彼が一人なのかもわかりません。また、リック達と戦うつもりなのか。それとも和解の申し入れなのか。娘を殺したミショーンとの因縁もあります。
総督の再登場で、またしても不穏な予感がしてきました。

出演者紹介「アレクサ・ニコラス」

ウッドペリーの住人で元アーチェリー選手だった、ヘイリーを演じたアレクサ・ニコラスは、イリノイ州シカゴで、ニュージーランドの父とギリシャ人の母の元に生まれました。映画やドラマに活躍しています。

アレクサ・ニコラス/Alexa Helen Nikolas

役:ヘイリー/Haley
生年月日:1992年4月4日
主な出演作
映画
『ズーランダー』
『タイニー・ラブ』
『テッド・バンディ』
ドラマ
『Zoey 101』
『HEROES』
『ウォーキング・デッド』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA