フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン3第11話あらすじ【ネタバレ】

前回のあらすじ:残り6週間分の水しかない事を知ったマディソンとウォーカーは、メヒカリにあるバザールへ水を求めに向かいます。
たどり着いたその市場でマディソンは偶然にも、借金を負ってしまったビクター・ストランドと遭遇。最終的に彼女は彼の借金を肩代わりし、その代わりにダムへ連れていくようにと告げるのでした。

一方水がない事を知った農場の人々は、殺気立った状況で毎日を過ごしていましたが、アリシアがなんとかして人々をまとめようと懸命な努力を続けます。

第11話「水を求めて」あらすじ【ネタバレ】

①マディソンとウォーカーは、ストランドの指示に従いながらダムに向かってトラックで移動していました。まずたどり着いた場所は、ダムへつながる下水道がある駐車場です。彼らは悪臭が立ち込める地下へくだり、ダムを目指しました。その際ウォーカーは行動を共にする事を拒否しますが、マディソンに説得されます。

②下水道を突き進むストランドは、途中で出口に迷ってしまいます。彼はバザールで彼を拘束していたプロクターから昔入手した情報を元にして、このダムを抜け出そうとしていたのでした。その情報とは、プロクターたちが残した目印が、ダムへつながる道だという事です。
迷いながらもストランドは途中でマディソンに、ダニエルがダムにいる事を伝えました。そしてダニエルにオフェリアの居所に関して嘘をついたと打ち明けます。それを聞いたマディソンは、オフェリアが農場にいるという事を伝え、ストランドは安堵するのでした。
やがて彼らはどうにか出口を指す目印を探し当てると、今度は挟まっている一体の感染者と遭遇します。マディソンはその死人を手斧で殺し、抜け道を作るために死体の解体を始めるのでした。

③その頃ダニエルたちは、水の配給の事で暴力を振るい始めた人々から逃げるために給水車を走らせています。仲間の1人は腹部を負傷して苦しみ、さらに騒ぐ人々は背後から発砲し始めるのでした。
ダニエルはとっさにそれに反応し、発砲仕返してしまいます。
やがてダニエルたちはダムへ戻りますが、そこでダニエルは不審な人影を遠くで目撃するのでした。静かにそこへ進み発砲をすると、下水道から抜け出したマディソン、ストランド、ウォーカーが現れます。

④ダニエルと対面したマディソンは、オフェリアが無事で農場にいる事と、ウォーカーが以前オフェリアを救ったという話を伝えます。そして率直に、水が欲しいという話をするのでした。
その後ダニエルは、マディソンたちをダムの中にあるオフィスへ連れて行きます。
そこでローラとエフレインに一行は対面し、マディソンは水と引き換えに武器と家畜を渡すと提案しますが、ローラは賛同しませんでした。彼女はマディソンたちに、明日の朝にはダムから出て行くようにと冷たく対応します。

⑤その夜ダニエルは部屋にいると、ローラが訪れます。彼女はオフェリアがマディソンの農場にいる事を知り、そこへダニエルが移り住むのか?と聞きますが、ダニエルはローラを守るという約束は破らないと誓うのでした。
その後ローラとマディソンは、ダムを見ながら外で話をしています。マディソンはすでにローラから断られていても、自分の家族と仲間を救うために彼女の手助けが必要であると懇願するのでした。それを聞いたローラはそれでもマディソンの頼みに同意はしません。しかし彼女は、マディソンの家族とオフェリアにダムへ移り住む事を提案します。マディソンは、それは不可能であるという顔をして立ち去るのでした。

⑥その頃与えられた部屋で身支度を整えているウォーカーは、水を入手できなければクラーク一家を農場から追放する、とストランドへ伝えます。それを聞きストランドは、ばつの悪そうな顔をしながら憔悴するのでした。そしてウォーカーは、部屋から出て行きます。
しばらくするとマディソンが部屋へ入ってきて、2人は話をしました。ストランドは彼女の望みを聞くと、マディソンはあの農場に留まる事を希望していると伝えます。

⑦翌朝ローラは、今日の午後に行う水の配給のため地図を見ていました。ダニエルは、前回の件もあるため、今外へ出るのはあまりにも危険であると告げます。ローラは住民に水を与えることで暴動を避ける事ができると主張しますが、ダニエルは武器を持ち、万事に備えるべきだと言い返しました。
一方ストランドは外で、配給のためにローラの部下がタンカーの用意をしているところを注意深く観察していました。ダニエルは静かに彼の近くへ寄り、ストランドが何かを企んでいると感知します。そしてダニエルはその企みが双方に利益をもたらすのであれば見逃すとストランドに告げるのでした。

⑧やがて出発の時間になりマディソンはゲートでストランドと合流し牧場に戻ろうとしますが、突然駐車しているトラックが爆発し、ゲートを吹き飛ばします。その爆音により感染者たちが集まり、続々と侵入してくるのでした。ダムの人々は、その死者を倒し続けます。
その騒動に気がつき外へ出てきたダニエルとローラは、怒りを感じる大勢の人々がダムの入り口をめがけて行進してくるのを目撃するのでした。「氷の女王を倒せ!
」と叫ぶ人々をみてローラは初めて自分たちに危険が迫っているという事を理解します。
その一件により、ローラはやっとマディソンたちとの交渉に納得するのでした。雨が降るまでは定期的に水をもらうという条件で、マディソンは武器を提供する事にうなずきます。
そしてマディソンは、水が詰まった給水車を運転しダムを後にするのでした。。。

シーズン3第11話を見た感想【ネタバレ】

プロクターとは何者?

前回の10話でも出てきた、プロクターグループですが、とても不鮮明なので今の時点でわかる事を考えてみました。このグループはメヒカリのバザールをとり仕切る人々ですが、プロクター・ジョンという人がどうやら元締めのようです。
今回のエピソードを見て、おそらくストランドの事なので、彼らグループとうまくいっていた時もあったのだと思います。そのため彼は、ダムの情報へつながる下水道の目印の事を知っていたのでしょう。
マディソンたちは、再度ダムの人と取引をするためにバザールで落ち合う予定なので、今後のエピソードでこのプロクター・ジョンが登場する可能性もあるのだろうと感じました。どんなキャラクターなのか。。いろいろ想像してみましたが、おそらくあのバザールをとり仕切るぐらいなので、とてつもない権力を持つ人だという事は間違いないと思います。

ストランドとマディソンの信頼関係

今回の作中で、ストランドとマディソンが揺るぎない信頼関係を築いていると感じました。
マディソンは彼女を含む家族を助けたストランドを、とても信頼しています。そしてストランドも、彼女の勇敢で強い印象を与える部分に人間として惹かれているのだと思いました。ストランドは自分の借金を当初水を買うために用意した金で支払ったと知り、なんとかして水を農場へ運ぶ事を考えだします。そしてマディソンがどうしても農場へ戻り暮らしたいという希望を叶えるためには、なんでもすると腹をくくったのではないかと考えられました。
ストランドとマディソンのやりとりは、正直いつもいい感情を与えます。この世紀末では、貴重な人間関係の形であると感じさせられました。
今後のエピソードにしばらくはストランドが登場すると思うので、楽しみに見ていきたいと思います。

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  ウォーキング・デッド アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら Huluお申し込み↓↓↓をクリック dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ 今なら31日間無料キャンペーン中!! dtvお申し込み↓↓↓をクリック    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA