フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン3第9話あらすじ【ネタバレ】

前回のあらすじ:ブローク・ジョー農場では、オフェリアの企みで炭疽菌を盛られた兵士たちが複数死亡し、混乱に陥ります。犠牲者の1人であるニックは奇跡的に回復を成し遂げた後、部屋の床を衝動的に掘り起こしてみると、ジェレマイアが以前殺害した先住民の頭蓋骨を発見するのでした。
一方マディソンは、ブラックハットの人々と最後の決着をつけるためにジェレマイアに自殺を示唆。それを聞いた農場の頭首はマディソンに殺せと叫びますが、彼女の代わりにニックが拳銃の引き金を引くのでした。

第9話「ミノタウルス」あらすじ【ネタバレ】

①ジェレマイアが亡くなり、ブローク・ジョー農場にブラックハットの原住民は移り住むことになりました。それを横目で見ているトロイたちは、不服を感じています。ジェイクとマディソンは、今の時点ではウォーカーたちとの共存が平和的な解決方法であると信じていました。
ウォーカーとブラックハットの幹部はジェイクに連れられ、地下にある貯蔵庫に案内されます。武器を利用する場合は、ジェイクとウォーカーがそれぞれ持つ二つの鍵を利用する必要であるとジェイクは説明し、「共に生きるために協力し合おう」とウォーカーに伝えるのでした。

②一方ダンテがいなくなったダムでは、ローラがリーダーとして振る舞うべきであるとダニエルはローラに告げます。そして彼は彼女に対して、ダムから外出する事は危険なため敷地内に留まるように説得しますが、ローラは一緒に街へ繰り出し水の配給を手伝うと言い張るのでした。ダニエルは仕方がなく彼女の意思を尊重し、一緒に行動をします。

③農場へ来た先住民は、ウォーカーの指示により武器を携帯する事を禁止され、没収されます。
そしてその夜、先住民と農場の人々はテントに集められ集会を開くのでした。
ジェイクは今までの事は水に流して、ブラックハットの人々と共存していこうと伝えます。
ウォーカーはジェレマイアが平和的解決のため、自ら命を断った事により、農場に対して恨みはなくなった、と告げるのでした。彼は続けて、外に存在する感染者を力を合わせて倒す事が先決であると言います。
その後、ウォーカーはマディソンを呼び止め、トロイが危険そうだが対策はあるのか?と聞きました。マディソンはその問いに対して、問題はないと告げます。

④翌朝マディソンはジェレマイアのオフィスにある机の引き出しをこじ開けてみると、農場の水位記録が記された書類を発見します。彼女はその内容を読み、残された水があとわずかであるという事を知り息を飲むのでした。
その時彼女は、外で一発の銃声音を耳にします。それはグレッチェンを殺され恨みを持つテレンスが、先住民の幹部クレイジー・ドッグに発砲したからでした。クレイジー・ドッグはとっさにその銃弾を避けますが、別の先住民が流れ弾の犠牲になります。彼はテレンスの首を締め殺そうとすると、そこへウォーカーが現れ仲裁に入ります。

⑤テレンスが起こした一件により、ウォーカーは農場にある武器の管理はブラックハットが行うと宣言します。その決定に納得しないジェイクとアリシアでしたが、死ぬよりましであるとマディソンは告げその新しいルールに従う事を促すのでした。
その夜農場の兵士たちは、一軒一軒仲間の住処を訪れ武器の回収を行います。兵士たちの後方には、マディソンとニックが続き、マディソンはトロイにジェレマイア死亡の真相を知られた場合、ニックは殺されると告げるのでした。ニックは、「そうかもしれないな」と言い、彼らはトロイの家まで辿りつきます。

⑥ニック、兵士たち及びウォーカー率いるブラックハット先住民が登場し、武器を渡すように告げられたトロイは、最終的に彼らに銃を向け威嚇します。しかしニックはトロイの前に立ちはだかり、説得を試みるのでした。そしてニック以外の人々は、家の外へ出て行く事にします。
トロイは「これが最後の戦いだ」とニックに告げ、彼も父のように農場を守るために犠牲になると言いながら銃撃戦に備えるのでした。
やがて彼らのいる部屋は、外から無数の銃弾を浴びせられます。騒ぐマディソンを押さえつけながら、ブラックハットの人々はとめどもなく発砲し続けるのでした。ニックは、その状況が非常に危険であるという
事を悟り「今ならまだ命が助かる」とトロイに必死に懇願します。しかしトロイは、死を覚悟している様子で、外への発砲をやめませんでした。遂にニックは、ジェレマイアは自殺ではなく彼が殺した、と白状するとトロイはその告白を聞き、呆然として銃を床におきます。

⑦その頃ダムでは、ローラとダニエルが話をしています。ローラはダニエルがオフェリアを探す事をやめた方がいいのではないか?と提案するのでした。彼女は、ダニエルがダムから去ってしまう事を恐れているのです。
翌日、再び人々へ水を配りに行くローラ達。ダニエルは周囲の状況を慎重に観察していましたが、ある男性がローラ達が水を独占していると叫ぶのでした。それを聞いた他の人々は、徐々にローラとダニエルに対して暴力的になります。騒動がひどくなり、とうとう誰かがローラの顔に石を投げつけるのでした。

⑧トロイの反逆事件翌日、ウォーカーはマディソンとこの状況をどのように対処するかを話あっています。
2人はトロイを農場から追放するという結論にいたり、ニックにもそれなりの処罰が降る事になりました。

そしてマディソンと見張りの先住民は、トロイをトラックへ乗せ敷地外へ連行します。
マディソンは農場から遥か離れた場所にまで車両を運転しトロイを置き去りにしようとしますが、その瞬間トロイは先住民の男が持つナイフを奪い取り彼を殺害するのでした。
マディソンはトロイの行動を見て銃を構えますが、彼は彼女に素手で襲いかかり取っ組み合いになります。やがてマディソンは、もみ合いになった際に落としてしまった銃を拾い上げ
トロイに向けますが、発砲はしませんでした。トロイは観念した様子で、渡された所持品を持ちその場を立ち去ります。

シーズン3第9話を見た感想【ネタバレ】

農場にもたらされる変化・トロイの追放

このエピソードは、シーズン3のミッドシーズン第1話でした。とても面白い内容だったと思います。
予想していた通り、ウォーカーはマディソンの物資を頼りに農場へ移り住みました。彼はジェレマイアが死んだ事で農場へ対しての恨みはもうないと言っています。そしてブロークジョーの人々と、共存する意思を示すのでした。
一方先住民が自分たちの土地に入り込んできた事に不服を感じるトロイは、ウォーカーの申し出を真っ向から否定しており、共存などとんでもないという態度を取り続けるのでした。そして遂に反乱を起こし、その結果農場から追放という結末を迎えます。
このトロイですが、今回もサイコパス的な行動をどんどん見せつけてくれました。先住民との銃撃戦の時も、容赦なく発砲し続けており、自分の命に惜しみなく戦っています。
また追放された後、トラックで先住民を殺すシーンがありましたが、果たして彼を殺す必要があったのか?と疑問に思います。もはやここまでくると、彼は人を殺す事に楽しみを見出しているような気がしました。
今回トロイは農場から追放されましたが、彼が逆恨みをして反撃をするのではないか?と思います。どちらにしてもトロイは、精神的にボーダーラインな部分があるのでかなり注意が必要であると感じました。追放され、1人になりますが、全くこのまま死に絶える気配がありません。
今後どのようにトロイが作中で見る事ができるのか?ある意味期待して待ちたいと思いました。

ブラックハットの人々を演じる役者

今回は改めてブラックハット先住民を演じている人々を確認してみました。
まず、先住民のリーダーカレタカ・ウォーカーを演じる俳優は、カナダ出身のマイケル・グレイアイズです。
彼は実際にクリー族という北アメリカの先住民族でした。マイケルはバレエダンサーとして活躍をしていましたが、その後様々なテレビ番組・映画の配役を獲得しています。2018年には、実存するジャーナリストの自伝的映画
「Woman Walks Ahead」にも出演を果たしました。

もう1人、気になったブラックハットの人は、クレイジー・ドッグを演じたジャスティン・レインです。
彼もマイケル・グレアイズと同様クリー族出身の俳優でした。若い頃はとても苦労をした様子で、麻薬にも手をだしてしまったそうですが、俳優になる事を決意してその後は努力を重ねたようです。
そして映画「エクリプス/トワイライト・サーガ」で小さな役を獲得し、そこから映画やドラマに抜擢されるようになりました。「
フィア・ザ・ウォーキングデッド」にて出演後は、かなり注目されていると思うので、今後の飛躍が期待されると感じます。

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  ウォーキング・デッド アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら Huluお申し込み↓↓↓をクリック dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ 今なら31日間無料キャンペーン中!! dtvお申し込み↓↓↓をクリック    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA