フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン1第4話の感想【あらすじ・ネタバレ】 

前回のあらすじ

トラヴィス、ライザ、クリスは、暴動の最中に一件の床屋に助けを求めます。その店にはダニエル、その妻のグリゼリア、彼らの娘オフィーリアがいました。しばらく経つと隣の建物が火事になった為、彼らは店から出る羽目になってしまいます。
その後トラヴィス達は移動の際、運悪く怪我を負ってしまったグリゼリアを病院へ運ぼうとしますが、病院の前で軍人が感染者達に向かって発砲するのを目撃し異常事態であると悟るのでした。

その頃マディソン達は、感染した隣人が家に侵入した事で切迫した状況に陥っていました。そこへちょうどトラヴィス達が帰宅します。トラヴィスは変わり果てた隣人を射殺する事をためらった為、ダニエルがその標的を始末するのでした。一行は
翌日街から逃避しようと準備しますが、突然介入してきたカリフォルニア州兵軍により街は封鎖されます。。 第4話を視聴しました。

第4話「隔離された街で」あらすじ【ネタバレ】

①クリスは、屋根の上から外の様子をビデオカメラで撮影しています。軍の介入が入り9日経ち、街の周りにはフェンスが建てられ、街の外の人々は死亡したか、逃げたかのどちらかであると報告されています。今いる所は隔離されていると同時に安全は確保されている状態でした。人々は死に、自然に還っていくと語るクリス。その時彼は、街の外に建つ一件の建物から動く光を発見するのでした。
その頃ランニングから帰って来たトラヴィスは、マディソンと会話をし口論に発展します。彼女は今の現状のすべてにストレスを感じていると告げ、さらにトラヴィスの軍に対しての対応が街の代表者のようだと不満をぶつけるのでした。
それを目撃したアリシアは、普通の状態ではない今、珍話喧嘩をする事はやめるようにと叫びます。
その後外へクリスを探しに来たトラヴィスは、興奮している彼を見つけました。そしてクリスは先ほど撮った光の映像を父に見せますが、トラヴィスは気のせいだと言い息子の言い分に関心を持たなかったのです。


②軍の司令官モイヤーズ中尉が、住人達の前で話を始めます。街から半径10キロ以内は安全圏であると伝える中尉。続けてこの街から脱出を試みる者は、当局から身柄を拘束されると告げます。その通達を聞いている住人達は、外へ連行された人々の所在地を問い、薬の供給はまだかなどと騒ぎ始めるのでした。騒ぎを聞いたモイヤーズ中尉は、ここにいる人々は安全な為とても幸運であり、普段通りの生活を続けるようにと断言します。
中尉のスピーチが終了すると、軍人達は人々に物資の配給を始めました。トラヴィスはその最中に、突然モイヤーズから呼び止められます。そして中尉は近隣に住むダグ・トンプソンが健康診断を拒否しており、トラヴィスに彼を説得するようにと命令するのでした。

③ライザは病人の回診を行っています。隣人のヘクターは、重症を患っておりモルフィネの点滴で安定を維持している状態でした。彼女はその旨をヘクターの妻、シンシアに伝えるとシンシアは、ライザの懇親的な介護に謝辞を述べます。そして手作りのスープを手渡されたライザは、そこの家から立ち去るのでした。
ライザが去る様子を自分の家からこっそり覗き見るニック。彼はその後ヘクターの家に忍び込み、彼の点滴を自分に打ちます。

④その頃トラヴィス家では、クリスが早朝に撮影したビデオをマディソンに見せ、誰もいない地域で誰かが救助を待っているのではないか?と彼は訴えるのでした。マディソンも最初は彼の主張を信じていませんでしたが、次第に誰かがその場所にいるのではないか?と思い始めます。

⑤その夜マディソンはトラヴィスに、クリスの撮ったビデオの件をちゃんと考えた方が良いと助言をします。それを聞いたトラヴィスは、軍に報告をすればいいのか?と皮肉りました。その時、誰かの訪問に玄関まで出向くと、そこにはダグの妻マリアと彼女の子供達がいたのです。彼女はダグがどこかへ行ってしまった、トラビスが昼間に訪問した際、彼に何を言ったのか?と半狂乱になり問い詰めるのでした。それを聞いたトラヴィスは、ダグはきっと見つかると言いマリアを慰めます。

⑥翌朝マディソンは、クリスが話していた事を確認する為にフラッシュライトを持ち屋根に上ります。そこに座ってフラッシュライトをしばらく点滅させていると、やがて遠くの家から応えるような反応を目にし、クリスの言っていた事は本当であると確信を持つのでした。
一方トラヴィスは、街の境界線周辺を歩き廻りダグを捜索しています。しばらく行くと、ダグの愛車が乗り捨てあるのを確認し彼が街の外に行ったのではないか?と疑うのでした。
昼になりゴルフを楽しむモイヤーズを訪れたトラヴィスは、ダグが失踪してしまった事を伝えます。モイヤーズは、ダグのような精神状態の者は、軍の施設に連行したと告げます。それを聞いたトラヴィスは、軍から一言ダグの家族に伝えて欲しいと頼みますが、受け入れられない要求だとして断られてしまうのでした。続けてトラヴィスは、息子が光を隔離地外から見たという事をモイヤーズに報告しますが、それもありえない話だと鼻で笑われてしまいます。


⑦密かに街の外へ抜けだし、様子を見ようと試みるマディソン。街の外は、死体が転がっている不気味な状況でした。そこで彼女は、死体の中には感染せずに射殺された人々がいた事を知ります。
その足で自宅に帰った彼女はダニエルにその旨を告げるのと、彼は政府を信用していないと伝え、自分に万が一の時はオフィーリアを頼むと言います。そして外には、政府から派遣されたエクスナー医師が回診しているという事もマディソンは知らされるのでした。 回診の結果、グリゼルダは軍の施設で手術が受けられると告げられた、とダニエルはマディソンに伝えます。

⑧その夜、突然数人の兵士達がグリゼルダを施設に運び出す為にトラヴィスの家を訪れます。それに同行しようとするダニエルは、軍人から拒否されてしまい立ち往生するのでした。そして軍人達は、ダニエルの代わりにニックを連行しようとします。兵士達に拘束されたニックを見て、マディソンは半狂乱になるのでした。
トラヴィスは、銃をクリスとダニエルに向けている軍人達に説明を求めますが聞き入れてもらえません。
外へグリゼルダを運ぶ際に側にいたライザは、家へ戻ろうとしますがエクスナー医師は彼女の助けが必要だと告げます。躊躇しながらもエクスナーと一緒に車に乗り込むライザ。その様子を見たトラビス達は、唖然とします。

夜中になり、クリスの言った事を確認しようと屋根の上に座るトラビス。彼はしばらく息子が教えてくれた光の発信源を見つめていました。すると突然その家から銃撃の光が見え、彼は呆然とします。。。


フィアー・ザ・ウォーキングデッドシーズン1第4話を見た感想
【ネタバレ】

作られたセーフ・ゾーンに隔離されるトラビス達

このエピソードでは、軍の介入によって街は安全が確保されており、この街の外には生きている人はいないと人々は知らされます。
軍の対応はというと、とても曖昧で感染の内容、今後の国の方針なども何も発表を行わない状態でした。
しかしクリスは遠くから光を見た時、街の中以外にも生存者がいるのではないか?と思い始めます。そして次第にトラヴィス達は、彼らが隔離してまでも住まわされている安全地帯が本当に安全なのか疑い始め、さらに軍人達は明確な理由も告げずニックを連行したことにより、彼らは軍に対してさらなる不信感を募らせるのです。

冒頭に流れるルー・リード名曲「パーフェクト・デイ(Perfect Day)」は、まさにこの街の人々が陥っている現状を表すのに適している歌だと思いました。なぜならばこの曲は、題名が「完璧な日」と言っているにも関わらず内容は全くそれとは逆の事を伝えているからなのです。
トラヴィス達が今置かれている状況は、完璧な状況に一瞬見えますが、実は真実が多く語られていない不鮮明な状態
なのでした。情報がない状況というのは、人々に多大な苛つきもたらします。トラヴィス達はこの混沌とした状況で、次にどのような行動を起こすべきか?と悩んでいるのは明らかでしょう。

出演者紹介「アリシア・デブナム=ケアリー」

マディソンの娘役アリシアを演じている女優は、アリシア・デブナム=ケアリーです。
オーストラリア、シドニー出身の彼女は8歳の頃から演技を始めました。そして18歳になった時、本格的にハリウッドを目指し次々と配役を獲得します。とても美しい女優であり、今後はどのような役柄を演じるのか楽しみです。

アリシア・デブナム=ケアリー/Alycia Debnam-Carey

役:アリシア・クラーク/Alicia Clark

生年月日:1993年7月20日
主な出演作品
映画
『イントゥー・ザ・ストーム/Into The Storm』
『悪魔が棲む家666/The Devils Hand 』
ドラマ
『ハンドレッド/The 100』
『ダンス・アカデミー/Dance Academy』
『Resistance』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  ウォーキング・デッド アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら Huluお申し込み↓↓↓をクリック dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ 今なら31日間無料キャンペーン中!! dtvお申し込み↓↓↓をクリック    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA