ウォーキング・デッドシーズン3 第3話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

生き残りの囚人達と対面したリック。彼は、囚人達の寝床にいるウォーカーを退治する代わりに食料との交換を交渉します。その申し出に納得した囚人達は、リック達とウォーカーを倒しに行くのでした。しかし、その最中に囚人の一人トーマスが、リックを攻撃してきます。リックは反逆したトーマスを殺し、なんとか治安を保ち刑務所を守るのでした。
一方、重症だったハーシェルは、家族と仲間達の懇親的な看護により目を覚まします。
シーズン3第3話を視聴しました!

第3話「暗黒の楽園」

①軍人達が乗ったヘリコプターが、突然エンジン故障の為地上へ墜落します。
その頃、道を歩くアンドレアと冬の間から一緒にいるミショーンは、黒い煙が天上へ立ち込めるのを見ます。二人はその方向へ進み続けると、ヘリコプターの墜落現場に辿りつくのでした。ミショーンは連れていた、2体のウォーカーを木にくくりつけ、現場を確認します。墜落したヘリコプターの周辺には、軍服を着た重傷者と死者が混在していました。
そこへ、数台の車が乗り込んで来ます。急いでアンドレア達は茂みに隠れ、車から降りた男達の行動を偵察します。男達は、死体の頭にナイフを突き刺し、生存した軍人を運んでいました。人間を見て反応するミショーンのウォーカー達が、ゆらゆらと動き出します。その音を察知した男達は、アンドレア達の方向に忍び寄って来るのでした。危機を感知したミショーンは、その2体のウォーカーの首を刀ではねます。

そして彼女達の背後から、男が武器を下ろして後ろに向くようにと指示します。振り返るとそこにいたのは、アトランタではぐれたメルルだったのです。アンドレアはメルルを見て失神します。

②アンドレアとミショーンは、車で連行されます。到着した場所で、医務室に置かれる彼女達。そこに入ってきたメルルは、アトランタで、自分の手を切断して死の淵に立たされている時に、この街のリーダーに救われたという話をします。メルルは、自分の弟が何処にいるのか?とアンドレアに聞きました。アンドレアは、アトランタでメルルを置き去りにした後、ダリル達はメルルを探しに行ったと伝えます。そして妹のエイミーを含む多くの仲間達の命が失われ、たどり着いた農場で群衆に襲われた日を境にダリルとは会っていないと言うのでした。
そこへ、街のリーダの男が姿を現します。彼に向かって武器を返却して欲しいと叫ぶミショーン。そのミショーンの問いに男は、明日になったら武器を返すと答えました。続けてアンドレアは、墜落現場で、なぜ事故で死んだ人間の頭をナイフで刺したのかと男に聞きます。街のリーダーは、死ねば必ずウォーカーに転化すると彼女達に伝えるのでした。その真実を知ったアンドレアとミショーンは、驚きの表情を見せます。

③人々から総督と呼ばれているリーダは、彼の街、ウッドベリーをアンドレア達に紹介します。そこは頑丈な門と、高い塀で街全体が覆われている安全な場所でした。ゲートには見張りが沢山います。人影がない様子からアンドレアは、この街は廃墟だと総督に言いますが、彼は明日の朝になったら分かると彼女に伝えるのでした。そして、二人を快適に過ごせる部屋へ案内します。不信感を募らせるミショーンでしたが、彼女らはひとまずここに一晩泊まる事にしました。
次の日、ウッドベリーの住人、ローワンはアンドレアとミショーンに街の案内をします。この街では、子供達は無邪気に走っており、人々は穏やかに暮らしている様子でした。ローワンは、夜になると外出禁止になり、総督のおかげで冬から犠牲者は一人も出ていないと話をします。

④ヘリコプター墜落の生存者、ウエルズから情報を引き出す総督。重症を負った彼は、軍の仲間がキャンプを張っていることを総督に伝えます。総督はウエルズに、必ず軍の人々を助け出すと約束しました。
医務室を後にした総督は、実験室に向かいます。そこには研究者・アドバイザーのミルトンが作業をしていました。彼はミショーンの連れていた2体のウォーカーを、丁寧に調べあげていたのです。ウォーカーを連れて歩く事により、人は群衆から身を隠す事を知る総督。さらに食べていないウォーカーは、徐々に弱っていくという事も発見するのでした。

⑤朝食の時間になり、総督、アンドレア、ミショーン、ミルトンは一緒に食事を取ります。ミルトンは、自分の理論を語り出しました。その内容は、ウォーカーは転化した後も、人間だった頃の感情を持ち続けているのではないか?という推測でした。そしてミショーンに、彼女の連れていた2体のウォーカーは知り合いだったのではないか?と聞きます。
その問いに、彼女は口を開きません。
やがて彼らの会話は、総督がこの街を安全な場所として存続させるために努力をしているという話になります。それを面白そうに聞く、アンドレア。一方ミショーンは耐えきれず総督に、自分の刀を返すように要求するのでした。
彼女の要求には応じず総督は、アンドレアとミショーンにもう少し街を見て回ってはどうか
?と提案し、席を外します。

⑥食事の後、総督を信用できないとアンドレアに伝えるミショーン。アンドレアは、ミショーンが今まで誰かを信じた事があるのか?と問いただします。アンドレアは、ミショーンが自身をさらけ出さないということに憔悴しているようです。そして、冬の間自分達を守ってくれたあの2体のウォーカーを、ミショーンが簡単に殺したとコメントします。その発言を聞きミショーンは、怒りを示しその場を立ち去るのでした。

⑦その頃、総督はウエルズから聞いた軍のキャンプに車で乗り付けます。彼は、一人で白旗を降りながら近寄り、仲間が生きていると叫ぶのでした。生存者がいると聞いたその基地のリーダーは、総督に安堵の表情を見せます。そして突然、キャンプの周りに隠れていた総督の仲間達が、軍人グループに発砲し始めます。銃撃の末、全滅を確認した後に総督は、武器を集めるよう部下に指示するのでした。

⑧ウッドベリーに帰還した総督は、住人の前で軍人グループがウォーカーに殺されたと語り始めます。そしてその犠牲のおかげで、我々は物資を得る事ができたと訴えるのでした。
その夜、ウッドベリーの自室から街を眺める総督。その後、一枚の写真立てに飾られている写真を、悲痛な眼差しで見つめました。
隣の部屋に移動した総督は、ソファーに腰掛、まっすぐと視線を前に向けます。その先にあるのは、何個も積み重ねられた水槽でした。そこには複数の生きたウォーカーの首があり、ミショーンの連れていたウォーカー達と軍人ウエルズの首も収納されているのです。総督はその水槽を、戦利品を見るかのように永遠と眺め続けるのでした。

ウォーキング・デッドシーズン3第3話を見た感想【ネタバレ】

生きていたメルル

アトランタでリック達に置き去りにされたメルルが、久しぶりに登場します。
彼は片手をノコギリで切断し、ウォーカーの群れから脱出をしましたが彼の生命力には驚かされます。相変わらず態度が悪く、人を不快にさせるのが上手なメルルですが、このエピソードで意外な一面を見せます。それはアンドレアと、医務室での会話の中にありました。アンドレアが、エイミーの死亡を伝えると、メルルは一瞬落胆した表情と悲しい眼差しをアンドレアに見せます。そしてそれは残念だったとコメントするのです。このわずかな表情から、メルルが100パーセント悪い人間ではないと感じるのでした。
今後ダリルと再会できるのか?続きを見るのが楽しみです。

ガバナー「総督」の異常性

このシーズンで「総督」が登場します。正直、嫌なキャラクターだとしか言いようがありません。
彼が何者なのかはこの時点で明かされていませんが、要注意人物である事は確かでしょう。
総督の二面性は、このエピソードで出現しています。物腰が柔らかく、リーダー的な発言をする一方、軍のキャンプ襲撃時、街の人へつく嘘のスピーチから、彼はサイコパスであると考えられます。そして極めつけがラストのシーンで、水槽を見つめる彼の様子は、異様な雰囲気を醸し出していました。
今後、おそらくリックとも会う日が来ると思いますが、今のリックにとって、総督が関わり始めたら状況は間違いなく悪化すると思います。

ミショーンとアンドレア

最近出演し始めたミショーン。このエピソードまでで、彼女の事で分かっている事は、2体のウォーカを連れて歩きアンドレアと冬を越したということでした。そして第3話で少しずつ彼女の事を知る事ができます。動物的な感覚を持っている彼女は、総督を全く信用していません。警戒心がただ強いというだけではなく、ミショーンは人を見極める力が備わっていると思います。
一方アンドレアは、単純にウッドベリーの状況が安全だと思っています。長い間経験した、不安定な生活から逃れたいというのも事実ですが、この退廃した世界で容易に誰かを信じると命取りになるという事を、確信していません。彼女は洞察力に欠けている部分があると感じます。
この対照的な二人が、引き続き同じ場所で共存することはないのではないか?と予想してしまいます。

出演者紹介「フアン・パレハ」

アトランタのグループの一人、モラレスを演じる役者はファン・パレハです。彼はテキサス州出身で、彼の両親はコロンビアからの移民です。ファンはニューヨーク大学の芸術学部、ティシュ・スクール・オブ・アーツを卒業後、2002年からテレビドラマに出演し始めます。ウォーキングデッドの出演後、さらに幅広く映像の世界に登場し有名なラテン系アメリカ人の俳優の一人として、今後の活躍が期待されます。

登場人物一覧はこちら

フアン・パレハ/ Juan Pareja

役:モラレス/Morales
生年月日:1978年12月24日
主な出演作品
映画
『Mad Families』
『ミスト/Mist』
テレビ
『弁護士ビリー・マクブライト/Goliath』
『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き/ Castle』
『メンタリスト/The Mentalist』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ウォーキングデッド
アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック



dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA