ウォーキング・デッドシーズン3 第4話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

メルルと再会し、ウッドベリーに来たアンドレアとミショーン。そこでその街の党首、総督に出会います。彼の施しを受けるアンドレアはこの街を好意的に感じています。一方ミショーンは、懐疑的にその様子を見ている状態でした。総督は人に言えない秘密がある危険な人物だと示唆する映像でエピソードは幕を閉じます。
ウォーキング・デッドシーズン3第4話を視聴しました。

第4話「命の決断」あらすじ

①刑務所の生活に慣れ始めるリックと仲間達。外で、フェンス越しに残るウォーカを退治する方法を話し会っていました。そこに囚人のアクセルとオスカーが、近寄ってきます。彼らは昔の友達の死体と一緒に暮らすが酷だと、リックに訴えました。Tドッグはそんな囚人達を、グループの仲間にいれたらどうかとリックに持ちかけますが、多くの仲間達が反対します。そしてリックは、囚人達が刑務所に居たくないのであれば出て行く必要があると断言します。

②一方ウッドベリーでは、ミショーンが総督らが軍のキャンプから持ってきた車両を確認しています。沢山の弾痕を見て、尚更疑いを持つミショーン。そこに総督が現れ、彼女達が街を出て行くのは非常に残念であると言います。そして戦うスキルがあるミショーンにこのまま戦力になってほしいと仄めかし、ウッドベリーに残るよう申し出るのでした。
ミショーンはアンドレアがいる部屋に戻り、海岸沿いに向かうと伝えます。海岸で2人でずっといるのかと言うアンドレアに対して、ミショーンはこの街に残るよりかはずっとましだと言いかえすのでした。

③リック達は、刑務所の外に車を駐車し安全を強化していました。回復したハーシェルは、ベス、カール、ローリーの付き添いで、松葉つえを使い外に出てきます。そのハーシェルの様子を遠くで見たリックとグレンは、喜びの表情を浮かべます。リックは、ローリーにも暖かい眼差しを送りました。そしてローリーは彼の表情を見て安心します。そんな素敵な状況は、突然のウォーカの襲来で壊されるのでした。ベスとハーシェルは、フェンスの囲いの中に逃げ、カール、マギー、ローリーは建物の中に入ります。襲撃を目撃していたリック達も、大急ぎで駆けつけました。フェンスの一部が開かれている事を知ったTドッグは、それを閉じようとしています。その時、背後からウォーカに噛み付かれてしまうのでした。それを見たキャロルは叫び出しますが、Tドッグと一緒に塔の中に逃げ込みます。そして混乱のさなか、突然大きなアラームが刑務所中に鳴り響くのでした。

④ウッドベリーでは、アンドレアがメルルに地図を渡しました。それには、ダリルと最後に別れた農場の場所が記されています。
彼女はメルルに総督がいい人なのかと聞くと、彼は死にかけている自分を見捨てなかったという意味ではいい人であると答えます。
そして、アンドレアから農場の情報を取得したメルルは、総督にダリルを探しに行く旨を伝えました。総督は人が足りない今、外に出て欲しくはないと言い、確実な情報を得た時点でダリルを一緒に探しに行くとメルルに約束します。

⑤一方、アラームが鳴り響く刑務所では、リックが錯乱しながら囚人のオスカーにこの音が何かを問いただします。おそらく予備の発電機が動きだしたのかもしれないと言うオスカー。リックはオスカーとアクセル、ダリル、グレンと発電機を探しに行きます。
その頃、怪我を負ったTドックとキャロルは建物の中を突き進んでいました。Tドックは、キャロルを守るために自分が犠牲になることを選びます。
C塔に逃げ込んだ、ローリー、マギー、カール。そこにもウォーカー達が侵入してきた為、彼女らは、C塔の鉄格子の入り口を閉め別の場所に逃げ込みます。逃げ場を探している3人でしたが、突然ローリーが産気着きます。

⑥総督に、海岸方面へミショーンと出発すると伝えるアンドレア。総督はアンドレアにウィスキーを差し出し、自分の身の上話を始め、彼の妻はこの世紀末が起こる前に車の事故で亡くなったという話しをします。そしてアンドレアが部屋を出る間際に、いつでもウッドベリーに戻って来ても構わないと言い、自分の本名はフィリップだと彼女に教えるのでした。
一方、爆音が鳴り続ける刑務所の中で、リック達は発電機を発見します。そこで、トーマス殺害の際にその場から逃げた囚人、アンドリューがリックに襲いかかってきました。もみ合いになりリックは、拳銃を床に落とします。そしてその拳銃を拾ったオスカーは、リックに銃を向けますが彼の後ろにいたアンドリューを銃殺するのでした。

⑦陣痛が始まり、出血もしているローリーは、だんだんと弱りだしています。もう時間がないと感じ取ったローリは、マギーに帝王切開をするよう懇願するのでした。涙ながらにローリは、カールに愛しているということを伝え、リックと生まれてくる赤ん坊の世話をするように頼みます。そして躊躇していたマギーは心を決め、ローリーの腹部を切りさきました。お腹の中から赤ん坊を取り出すマギー。息絶えたローリを転化させない為に、カールは母親に発砲し永遠の眠りにつかせます。

⑧暗闇の塔に到達したリックとダリル達。Tドッグが死に絶えている事を発見します。そばにはキャロルが使っていたスカーフが落ちており、ダリルは悔しそうな表情をするのでした。外に戻ったリックは、ハーシェルにローリがいるかを聞きます。まだ戻らないというハーシェル。そこへ、赤ん坊を連れたマギーとカールが帰ってきました。彼らは手を血だらけにしており、状況を理解したリックは、この世にもうローリがいない事を知り泣崩れます。

ウォーキング・デッドシーズン3第4話を見た感想【ネタバレ】

リックに襲いかかる悲劇

第4話は感傷的になるストーリでした。
リックはローリーとの関係を、そろそろ修復できるかという所まで気持ちが変わっている様子です。
そしてそれは永遠に叶う事なく、エピソードが終わります。
新しい生命を守る為に、ローリが下した決断は、強制的に帝王切開で出産することでした。
ローリはおそらく、襲撃直前のフェンス越しでのリックとのやり取りで、彼と再度つながりを感じたのだと思います。そしてそのやり取りは、彼女にこの辛い決断を下すのに役に立ったのは言うまでもありません。しかしながら、最愛の息子カールとの別れ際の会話は、やりきれない感情でいっぱいになりました。彼女がこのシーズンまでの間に大きな役目を担っていたのは確かであり、こんな形で彼女の死を視聴するのは胸が苦しくなります。

彼女を失ってしまったリックですが、今後立ち直れるのかが心配になります。このエピソードまで、沢山の死を目のあたりにしているリックですが、今回の件に限っては彼に大きな傷を残すのは確かな事実なのです。

出演者紹介「ニール・ブラウンJr.」

ニール・ブラウンJr. は、フロリダ州出身の武術家、俳優です。
子供の頃から、武術を習い、テ拳道、カポエラ、カンフー、柔道など多数の武術のスキルを身につけています。彼は、14歳の時にWMACマスターズ(マーシャルアート番組)に出演しました。その後も数々の番組に抜擢され、現在も活躍中です。
ニックネーム:NBJ

ニール・ブラウンJr./ Neal Brown Jr.

役:ギレルモ /Guillermo
生年月日:1980年6月19日
主な出演作品
映画
『ネィキッド/Naked』
『ワイルド・スピード/ Fast & Furious』
『世界侵略:ロサンゼルス決戦/Battle: Los Angeles』
テレビ
『シール・チーム/Seal Team』
『インセキュア/ Insecure』
『私立探偵ダーク・ジェントリー/Dirk Gently’s Holistic Detective Agency』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ウォーキングデッド
アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック



dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA