ウォーキング・デッド シーズン6のまとめ【あらすじ・ネタバレ】

シーズン5のおさらい

ターミナス(終着駅)から脱出したリック達。彼らは今の世界では、ウォーカーよりも恐ろしい人々が沢山存在する事をあらためて感じさせられました。そして再度安全な場所を求め彷徨います。そしてリックと仲間達は誘拐されたベス、タイリースが無残に死んでしまうという悲劇に直面しながらも前へ進むのでした。
リック達は途中ガブリエル神父と遭遇し、彼も行動を共にします。

しばらくすると謎の男アーロンがリック達の前に現れ、彼からアレキサンドリアというコミュニティーが存在する事を知らされるのでした。
そこは外の世界を全く知らない人々が生活を行っており、リックグループは彼らと大きなギャップを感じますが、アレキサンドリアのリーダー、ディアナは彼らと共存する事を許可します。

シーズン6のあらすじ【ネタバレ】

①アレキサンドリアから少し離れた採石場にウォーカーの群れを発見したリックは、街に被害が及ぶのを防ぐためにその群衆を街とは別の方向へ移動させる計画を実行します。その計画には偶然に再会したモーガンも、リックへ協力を申し出るのでした。そしてリックグループおよびアレキサンドリアの住人達は協力しあい、ウォーカー退治に乗り出します。
リックの計画はスムーズに進み問題なく群衆を誘導していると、突然アレキサンドリアから大きなクラクションの音が鳴り響きました。アレキサンドリアの情報を密かに入手した「W」の軍団が街を襲撃したのです。
その騒ぎに外から一足早くかけつけたモーガンは、爆音が監視塔に衝突したトラックから鳴り響いている事を発見し、クラクションの音を止めます。続けて彼は、街に侵入した敵を殺さず倒していくのでした。

②リック達は鳴り響くクラクションの音を聞きながら、それぞれ次の行動を取ります。
せっかく導いていた群れがその大きな音に引き寄せられ自分たちの街へ向かっていると悟ったリックは、列を戻すために単独行動をするのでした。

グレンとミショーンはアレキサンドリアの負傷者達と共に森を抜け出しある街へたどりつきます。グレンはニコラスと一緒にその近くの建物に火を放ち、群れの気をそらすという計画を立てますが、その最中に無数の群衆に囲まれてしまいニコラスはパニックを起こすのでした。そして遂にニコラスは、絶望を感じ自ら銃の引き金を引き命を絶ちます。
一方グレンの計画遂行中、残りの人々は隠れていたペットショップから抜け出し追ってから逃れようとしますがミショーン、ヒース、スコットのみが逃げ切ります。彼らは森の中を歩き続けやがてアレキサンドリアへ到着しましたが、変わり果てた街の姿を目撃し呆然とするのでした。

③過去のフラッシュバックとして、モーガンがどのようにして精神的に復活できたかという話が描写されます。
息子のデュエインを失い、孤立した彼は徐々に精神が破綻し、その時偶然出会ったイーストマンから生きる希望を与えられました。そのモーガンの経験を彼は捕獲した「W」の男へ語り、人は改心することが可能であるということを切実に訴えます。
その頃、街の外から帰還したリックは、グレン、ダリル、サシャ、エイブラハム、ニコラスがまだ戻らない事を知った人々と共に不安にかられながらも彼らの生還を待ち続けるのでした。
一方ダリルは、ウォーカーを誘導しながら途中森でさまよう人々と遭遇しアレキサンドリアに連れて帰ると決意しますが逆に自分の所持品をその人々から略奪されてしまいます。そしてその後、奇跡的にサシャ・エイブラハムと再会を果たしたダリルはアレキサンドリアに向かって車を走らせるのでした。

④ニコラスの自殺後グレンはなんとか気を取り直そうとしていると、街から外へ出ていたイーニッドと遭遇します。その後二人はアレキサンドリアの側までたどり着き、崩壊した街の中に無数のウォーカーが侵入しているのを目撃します。
監視塔が崩れてしまい、壁がむき出しの状態になったアレキサンドリアの街は、群衆がどんどん押し寄せる状態になっていました。住人達はパニックになりながら部屋の中へ閉じこもります。
その騒動の途中、ディアナはウォーカーに噛まれ重傷を負ってしまいやがて彼女は死亡しました。
この状態を打開するためにリックはウォーカーの内臓を付着させて街からの脱出を考え行動しますが、その最中にカールが銃弾に倒れてしまうのでした。目を撃ち抜かれて気を失った息子を抱きかかえるリックは、必死に群衆を振り払いながら診察所へ向かいます。その後カールの医療処置をデニースに頼んだリックは、仲間達とアレキサンドリアの住人とで力を合わせ、侵入者達を一人残らず倒す事に成功。ダリル達も外から戻り、応戦して彼らは街の平和を再び取り戻します。

⑤崩壊状態から徐々に復活させようと努力をするアレキサンドリアン。食料不足に陥りリックとダリルは物資を調達するために外へ出ます。そこでジーザスと名乗る男と遭遇し、彼の提案でリック達はヒルトップコロニーへ連れて行かれました。
ヒルトップにはグレゴリーという大柄な態度をとるリーダがおりましたが、そこに住む人々は自給自足で生活を行っていました。そしてリック達は、ニーガンという人が率いるグループ「救世主」の実態をジーザスから知らされます。その内容は救世主に物資を納める事により、ヒルトップの治安が守られているという事だったのでした。
リックはニーガンを倒す事を提案し、アレキサンドリアへの物資提供を交渉します。そしてその条件をグレゴリー、ジーザスは同意するのでした。

リック達は、ヒルトップとの約束を守るために救世主の基地に襲撃をかけます。
基地に忍び込み次々と人々を殺害するリックと仲間達。グレンやヒースは、眠っている人々を殺害する事に抵抗を感じながらも、敵の息の根を止めます。途中、銃撃戦もありましたがそれが終わり外へ出てきたリック達は、敵の一人が持つ無線からマギーとキャロルを拘束しているという知らせを告げられるのでした。

キャロルとマギーは一部の救世主のメンバーによって捕獲されていたのです。
何度か交渉を持ちかけ、その隙に彼らの居場所を突き止めたリックは、彼女らの救出を成功させました。
救出する際リックは、ニーガンと名乗る男に出会った為彼を躊躇せず射殺します。

⑦キャロルは、人を殺す事に疑問を抱き始めコミュニティーから黙って立ち去ります。
ダリルとロジータはデニースに街の外にある薬局へ薬を調達したいと言われ一緒に外へ出ますが、その調達の帰り救世主のメンバーに襲われてしまいました。それはダリルが以前森で遭遇した男で、彼はドワイトと名乗ります。そしてドワイトはデニースをクロスボーで撃ちぬき殺害するのでした。
その後、ユージンとエイブラハムの応戦もあり一旦ドワイト率いる救世主達は森へ逃げ、ダリル達はアレキサンドリアへ戻ります。ニーガンを殺して救世主との問題は収束したかと思っていたリック達は、戦いはまだ終わっていないと感じ始めるのでした。
数日後、デニースを亡くした事に責任を感じるダリルは、ドワイトを恨み報復する為一人で街の外へ出て
いきます。そんな彼を心配したグレン、ミショーン、ロジータはダリルのあとを追い、今仲間から離れる事は危険であると告げるのでした。しかしダリルは聞く耳を持たず、そんな彼に賛同したロジータは彼と一緒に森の中を進み始めます。
グレンとミショーンは諦めて帰ろうとするとそこへドワイトが現れ、二人を拘束。その後ダリルとロジータも捕まえられてしまうのでした。

⑧アレキサンドリアから出て行ったキャロルの後を追うモーガンは、瀕死の状態で倒れているキャロルを発見し、そこで謎の戦士達と遭遇します。モーガンはその戦士達にキャロルには助けが必要であると伝えると彼らは納得し手を貸すのでした。
一方散髪中に突然腹痛を起こしたマギーをヒルトップへ運ぶためにリック達はキャンピングカーで移動し始めます。しかしことごとぐ救世主達に道を塞がれてしまい、ヒルトップへはなかなか辿りつきません。
ついに彼らは車を捨て、徒歩でマギーを連れていくために歩き出しますが、無数の救世主に囲まれてしまいます。
怯えながら地面に座らされるリック達の所へ、捕らえられたグレン、ダリル、ミショーン、ロジータも連れて来られました。そしてそこへ登場したのが鉄線で覆われたバットを持つ暴君、ニーガンでした。彼は自分の名前を部下達に名乗らせていたのです。
ニーガンはリック達の今までの救世主に対する行いの見せしめとして、今日誰かが犠牲になると叫びました。
そしてランダムにこれから殺す人を決めるニーガンは、せせり笑いながら最後にバットを振り下ろします。。。

ウォーキング・デッドシーズン6をまとめた感想【ネタバレ】

一段と強くなったリック:リーダーとしての力量を発揮

このシーズンでは、アレキサンドリアでリーダとしての力量を発揮するリックの姿が描かれます。
彼はこのシーズンでも幾度もくじけそうな状況に陥りますが、自分の限界まで努力をするという姿勢を崩しませんでした。
シーズン6にて印象的なリックのシーンは、愛するものを守り、平和な世界を作りカールに見せてあげたいと、心から願うシーンが映し出された時です。それはリックが、群衆を倒した後に負傷しているカールへ泣きながら自分の思いを告げるシーンでした。
彼は、変わる要素がないと思っていたアレキサンドリアの人々がたくましく変身し、ウォーカーを共に倒した事に対して、人は学び変わる事が可能であるという事を体感したのです。
結論としてリックは、平和な世界を自分の子供に見せたいとこの時誓ったのではないかと感じました。これはリックの持つ将来への希望でもあると思います。

生憎リックはこのシーズンの最終話で、ニーガンから脅され窮地に立たされてしまいます。
毎シーズン徐々に強くなってるのではないか?という感情を抱かせるこの主人公ですが、この最終話の結果により大きな打撃を受けるであろうと予測できるのでした。次のシーズンでの彼の動きが見ものです。

ヒルトップと救世主の出現。そして謎の騎士達。。

このシーズンでは、別の安定したコミュニティ「ヒルトップ」、そしてそのコミュニティーを脅している「救世主達」が登場しました。
そしてこの二つのグループは、今後のこのドラマの展開に大きな役割を果たすと感じずにはいられません。

最後に救世主のリーダーニーガンが登場しましたが、彼は相当の数の人々を従えさせています。また彼らの素行からして、悪党達の塊であるという事が想像できました。救世主は、リック達が今まで出会った悪党の中で一番恐ろしい行動をする人々のような気がします。
気になったのが、モーガンが対面した鎧をつけた騎士達でした。
彼らはどこからやってきたのでしょうか?そして彼らの存在も、今後の話の展開に不可欠であるのだろうと予想されます。

出演者紹介「ロス・マーカンド」

アレキサンドリアの住人、アーロン役を演じた俳優はロス・マーカンドです。
コロラド州出身のロスは、子供の頃ボーイスカウトに入団し、仲間達の前で有名人のものまねをし始めたそうです。そして彼は現在でも、数々の有名人のものまねができるというスキルの持ち主でした。コロラド大学ボルダー校卒業後、ロスへ移住。
俳優業を本格的に始め、ウォーキングデッドで一躍有名になりました。

2018年は「アベンジャーズ・インフィニティーウォー」にも配役を獲得しています。身長:185センチ

出演者一覧はこちら

ロス・マーカンド/Ross Marquand

役:アーロン/Aaron
生年月日:1981年8月22日
主な出演作品
映画
『アベンジャーズ/インフィニティーウォー/Avengers:Infinity War』
『スペア・チェンジ 小銭を/Spare Change』
『Down and Dangerous』
ドラマ
『ロボット・チキン/Robot Chicken』
『マッドメン/Mad Men』
『バンパイヤに恋して/I<3Vampires』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA