ウォーキング・デッド シーズン7のまとめ【あらすじ・ネタバレ】

シーズン6のおさらい

「W」の人々や群衆に侵入され大勢の仲間達が死に絶えたアレキサンドリア。リック達は力を合わせて生き延びようとしますが、食料が枯渇します。そんな時、ジーザスと名乗る男と出会ったリックはヒルトップコロニーへ連れて行かれ、そこの治安は「救世主」へ物資の上納をする事で保たれているという事を知るのでした。ニーガン殺害の見返りとしてアレキサンドリアに物資提供の交渉を持ちかけるリックは、仲間達と救世主の基地を襲撃。自分はニーガンであると告げた男も殺害したため、平和な時代を予期していましたが、ある日の事リック達は森の中で救世主のグループに取り囲まれてしまいます。そこで登場したリーダーのニーガンは、鉄線を張ったルシールという名のバッドでリック達を脅し、一人仲間を殺すと叫ぶのでした。。
シーズン7を、あらためてまとめてみました。

シーズン7まとめ【あらすじ・ネタバレ】

①ルシールの餌食になった人は、エイブラハムでした。ニーガンは彼の頭を粉々になるまで叩き続けます。その行為を目撃し、感情的になったダリルはおもわずニーガンに飛びかかりますが周りの部下達に取り押さえられてしまいました。ダリルの行為を見たニーガンは、怒りだしグレンまでもが殺害されてしまいます。
そのショッキングな出来事に対して怒りと悲しみを感じながらもリックは、いつかニーガンを殺すと発言しその後翌朝まで彼を連れ回すニーガンは、彼が屈するまで難題を突きつけるのでした。ついにはカールの手を切断せねば仲間を全員を撃ち殺すという脅しをリックに提示し、震えながらリックは斧を息子の手にふりかざそうとした瞬間、ニーガンはそれをやめさせます。そしてニーガンは、リックに今後物資の供給を続けるように命令するのでした。続けて彼はリック達がそれに従わない場合は、仲間を殺すと告げその場を立ち去ります。その際、ダリルは救世主達に連行されてしまいました。
リックを含む、残された人々は悲しみに打ちひしがれ、膝を落とし呆然とした表情をしています。マギーはグレンを殺された怒りと悲しみでフラフラになりながらも、戦う準備をアレキサンドリアでして欲しいと叫びますが、サシャに連れられヒルトップへ向かう事にするのでした。

②その頃キャロルは、負傷した状態である場所に運ばれていました。目覚めるとモーガンが側におり、彼女のいる場所を案内し始めます。キャロルはこの街が「王国」と言われる場所であると言われ、その後王国を統治する「エゼキエル王」と初めて対面しました。エゼキエルは大きな虎を側に従えさせ、彼女を歓迎します。しかしキャロルは後に一人で住む事を選び、王国を立ち去るのでした。
そしてエゼキエルは、仲間達とモーガンをつれて車を走らせます。
数匹の処理済みの豚肉を積んだトラックが辿り着いた所で、王国の人々は男達と対面するのでした。
モーガンはその相手が救世主であると察知し、王国が救世主と内密に取引を行っている事を感じ取ります。
エゼキエルはモーガンにこのどうしようもない状況をあえて知らせたかったのでした。

③一方救世主に囚われたダリルは、独房に監禁されやがては外へ出されますが、入り口に鎖で繋がれているウォーカーたちに囲まれた場所で仕事をさせられます。根性があると見込んだニーガンは、彼を救世主の一員にさせようとしますが、ダリルは首を立てに振りませんでした。ニーガンは幹部のドワイトが昔聖域を逃げ出した罰として、顔を焼かれドワイトの妻はニーガンの妻になったという話をダリルにします。それでもドワイトは、この聖域に残り続けているという例をとり、ダリルにも聖域でニーガンの側近の一人になるチャンスを与えると伝えるのでした。ダリルはその話を聞いても、賛同しません。
一方悲しみが癒えていないリックと仲間の元に、突然ニーガン率いる救世主達はアレキサンドリアを訪問し食料や武器の略奪を始めます。再度自信を失うリックは、ニーガンの絶対的強さをに絶望を感じるのでした。
その後武器がなくなり焦ったロジータは敷地外へ出向き、1丁の銃を見つけます。弾丸がない事をどうしようかと考えていると、彼女はユージーンに弾丸製作を命令するのでした。

④グレンとエイブラハムの死後、マギーはヒルトップで治療を受けていました。ヒルトップのリーダーグレゴリーは、マギーとサッシャを匿うことを不満に思います。
そしてその頃、救世主の基地を襲撃後、リック達と別れて物資を求めていたヒースとタラは、彼らもまた離ればなれになりタラは浜辺の集落へ流れつきます。そこは女性ばかりが集まる場所で、住人のシンディーからここの女性達の家族はみな救世主に全員が殺されたと告げられるのでした。
シンディーは浜辺の事を誰にも言わないとタラに約束させ、彼女を解放します。
アレキサンドリアへ戻ったタラは、ガールフレンドのデニースがドワイトに殺された事を知り絶望するのでした。

⑤ダリルは独房に置かれたメモの指示に従い、ついに聖域を脱出します。脱出の際には、ジーザスが迎えにきていました。彼はそのままヒルトップに身を隠します。
その頃、ニーガンは再びアレキサンドリアを訪問。リックがいないと言う事で好き放題にしながら待つ事になりました。横柄な態度と死者が出た事からロジーターは、密かにユージンに作らせた銃弾を使い銃をニーガンに放ちます。その弾丸は外れてしまいニーガンは負傷はしなかったものの、彼は誰がこの弾丸を作ったのか?と問い詰めるのでした。そしてユージンは自らの作品だと告げ、救世主達はユージンを連行します。
その時リックは街に戻り、そのニーガンの対応を見て再び戦う事を決めるのでした。

戦うことを決めたリックは、ヒルトップのグレゴリーにニーガン打倒を提案。するとあっさりと拒否されてしまいます。しかしジーザスやヒルトップの住人は、戦う意思を表示するのでした。
ジーザスはリックに紹介したい人がいると言い、同じく救世主に搾取されている王国のエゼキエルを紹介します。そこでリックは、エゼキエルにも救世主撲滅を持ちかけますが国王は賛同しませんでした。
その後アレキサンドリアに戻ったリック達は、街の倉庫にある食料が根こそぎ持ち去られている事を発見。さらにガブリエルが失踪している事に気がつき、彼の残したメモを頼りにリック達はガブリエルを探し当てます。
たどり着いた場所は以前アーロンとリックが物資を入手した湖付近で、そこで新たな集団と遭遇するのでした。
それは清掃人と名乗る人々で、リーダーはジェイディスという女性です。リックは、その集団とも条件付きでニーガンを倒す同盟を組むのでした。

⑦聖域では段々とユージンが救世主の一員として暮らすようになってきました。彼は複数のニーガンの妻の願いで毒薬を作りますが、その毒薬でニーガンを殺そうとしている事を知りそれを彼女達には渡しませんでした。
一方サシャは、ニーガンを殺害するために一人で聖域に潜り込みますが捕まえられてしまいます。彼女はユージンに手を貸して欲しいと懇願するのでした。

ダリル逃亡に手を貸したと疑惑をかけられたドワイトは、ニーガンから同じく逃亡したシェリーを探せと命令を受けます。ドワイトはシェリーと事前に打ち合わせて置いていた隠れ家へたどり着くと、彼女の置手紙がありその手紙で彼女が逃亡した事を知ります。ドワイトは、ニーガンの支配下にいる事に納得ができなくなり、その後アレキサンドリへ行き、ニーガンを倒したいとリックに告げるのでした。
リック達はひとまずドワイトを救世主の基地で見張らせ、情報をアレキサンドリアへ流すように告げます。

⑧戦うと決めたものの武器がなく困っていたリックの様子を見て、タラは浜辺の人々の事をリックに告げます。彼らは浜辺を訪れ、シンディー達に説明をした上で武器を調達するのでした。リックの言い分に、浜辺の女性達は、救世主を倒す計画に納得します。
その後リック達は清掃人達と救世主が訪問した際に攻撃をするという計画を進めますが、ニーガン到着後棺の中で自ら毒薬で命を経ちウォーカーに転化したサシャが、ニーガンを襲い混乱を招きます。ジェイディスはリックを裏切り彼に発砲。そしてアレキサンドリアでは、激戦が始まりました。
やがてアレキサンドリア対救世主・清掃人との戦いが激しくなり、遂にはカールがニーガンに捕獲されてしまいます。そしてニーガンは、リックの目の前でカールの頭をバットで殴ろうとしたした瞬間、エゼキエル率いる王国の人々、ヒルトップの人々が一斉に敵に攻撃をかけるのでした。その反撃にひるんだ救世主・清掃人達は、アレキサンドリアから逃げ出します。
アレキサンドリア、王国、ヒルトップはこれ以降、本格的に救世主との戦いを進めるために硬く絆を結ぶのでした。

ウォーキング・デッドシーズン7をまとめた感想【ネタバレ】

シーズン始まって以来の衝撃・グレンとエイブラハムの死

このシーズンは、とてもショッキングな映像から話は始まります。
全シーズンで誰がニーガンの犠牲になるのか?という疑問を抱かせ終わった結果、なんとグレン、エイブラハムが死んでしまうという衝撃的な事実が映し出されるのでした。
正直、誰もがこの始めのエピソードでショックを受けた事は言うまでもありません。そして、彼らの殺され方があまりにも酷かったので絶句してしまいます。

当然のごとく、リックは大きな失望を感じました。そしてニーガンに対して絶対服従という形を、シーズンの前半では受け入れますが、やがて反撃する決意を固めます。彼は、戦いを成功させるために複数のコミュニティーの力を借りようと交渉するのでした。
最終回の展開がとても劇的だったと感じたのは私だけでしょうか?サシャの死亡に続き、ジェイディスの裏切り、そしてカールが殺されようとした瞬間にヒルトップと王国が応援に来る。。ハラハラしながらもこのエキサイティングな展開は、何度見ても面白みを感じさせます。
とても暗いストーリから始まったシーズンでしたが、最終的には望みを持ち復活を遂げるリックグループの新たな決意を視聴者にもたせました。次シーズンをうずうずさせながら待たせる素晴らしい終わり方に対して、このドラマ製作の成功を再度感じさせられます。

製作者「ロバート・カークマン」について

テレビドラマ史上、大成功を収めたと言われている「ウォーキング・デット」を作成した人は、ロバート・カークマンです。ケンタッキー州出身。2000年に漫画家としてデビュー。そのデビュー作品は、同じくケンタッキー州出身の友人、トニー・モアーと共同作成した「Battle Pope」というヒーロ系の内容になります。彼らは自費出版をしました。(2012年、カークマンはトニー・モアーに訴えられますがのちに和解します)
その後イラストレーターのコーリー・ウォーカーと共にカークマンはイメージ・コミックというアメコミ出版社に「Science Dog」の作成として雇われました。
数々の作品に携わる中、カークマンは2003年にウォーキング・デッドシリーズを作成します
カークマンは、マーベル・コミックにてXマン、スパイダーマン、キャプテンアメリカなどの作品に携わった経験もありました。テレビシリーズのウォーキング・デッドの脚本も書き上げ、フィアーザ・ウォーキング・デッド、アウトキャストも彼の功績として讃えられています。
毎度、素晴らしい話の展開に驚かされますが、カークマンの天才的なイマジネーションは見事であると考えさせられるのでした。

出演者一覧はこちら

ロバード・カークマン/Robert Kirkman

原作者・製作総指揮者
主な作品

イメージ・コミック
『Invincible』
『The Walking Dead』
『Super Dinosaur』
マーベル・コミック
『X-Men Unlimited2』
『Spider Man Unlimited #2』
『Fantastic Four:Foes #1-6』
ドラマ化
『The Walking Dead』
『Outcast』
『Fear the Walking Dead』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA