ウォーキング・デッド シーズン8 第15話【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

ニーガンを捕まえたジェイディスは清掃人抹殺の主犯がニーガンではない事を知り、最終的に彼を聖域に帰す事を決断します。
モーガンとリックは、ヒルトップから逃げた捕虜達を森の中で探しますが彼らに囚われてしまいました。拘束されたリック達は、その後の行動を話あう捕虜達を目の当たりにした為、今ならヒルトップへ一緒に戻れると告げます。しかし決断をなかなか下す事ができない捕虜達の前にウォーカーの群れが登場し、捕虜達はリックとモーガンを解き放ち一緒に群衆を倒し始めるのでした。そして混乱が収まるとリックは、捕虜達を殺害し始めます。
その後ヒルトップに戻ったリックは、亡きカールの遺書をやっと開き読み始めるのでした。。第15話を視聴しました。

第15話「偽りの顔」あらすじ【ネタバレ】

①カールの遺書を読み始めたリック。
愛する息子の父への望みは、人々が殺し合いをせず共存できる世界を作るという事でした。リックは、涙を流しながらカールの懇願を読み終えます。

その頃ヒルトップから逃げ出したグレゴリーは、聖域へ駆け込みました。
そして彼はサイモンに前回の聖域襲撃は、マギーが扇動して行ったと言い放ちます。サイモンはそのグレゴリーの対応に嫌気を感じながら今の聖域のリーダーは自分であると告げ、彼を殺すかどうか決めかねていると脅迫し始めるのでした。

一方シンディーと浜辺の人々は森の中を歩き、アーロンがこの森にまだ残り続けていると話します。
そこへ一体のウォーカーが現れシンディーが処理をしようとすると、そこへアーロンが登場してその屍を倒すのでした。
その後空腹でその場に倒れこんだアーロンを目撃したシンディーは、そのまま彼を放置する事にします。

②一方聖域の外へタバコを吸いに来たドワイトの元へ、口笛を吹きながらニーガンが現れます。
ニーガンはリックに襲撃されたあの日助けに来なかった理由を静かに問いただしました。それに対してドワイトは、ニーガンの右腕のサイモンの指示に従っただけであると告げ、自分は今でもニーガンに忠誠心があるという事を伝えます。

その後ニーガンは、聖域の幹部達を招集し会議を開きました。そこでリーダと再会したサイモンは、自分の取った行動に対して言い訳をして、今回の事は見逃して欲しいと懇願します。それを聞いたニーガンはサイモンにひざまつくように命令しますが、彼には罰を与えず罷免する事を伝えるのでした。
そしてニーガンはヒルトップを全滅させる事を幹部達に告げ、記しを付けた地図を仲間達に配ります。

③ダリルとロジータはユージンがいるビルの前で彼を待ち伏せし、外へ出てきたユージンを拉致します。
ユージンは怯えながら彼らと共に歩きニーガンの元で殺されず生かされたと話し始めるのでした。
ロジータは裏切り者の話に怒りを覚え、ユージンの計画により救世主が聖域から抜け出した結果、自分の大切な仲間達が死んだと叫びます。そしてこれからは彼を檻に閉じ込め、彼の才能が必要な時のみ外へ出すと告げるのでした。

やがて三人が移動を続けていると、ウォーカが数体現れダリルがすぐさま処理をし始めます。その間周りの見張りをしていたロジータは、近寄ってきたユージンから突然吐瀉物を吐きつけられ、その隙にユージーンは逃げだすのでした。
ダリルとロジータはその後彼を探し始めます。一方隠れていたユージンは、ダリル達が立ち去るのを確認した後基地へ戻るのでした。

④幹部会議の後自分の部屋へ戻ったドワイトは、ヒルトップ攻撃計画が記されている地図に、「ニーガンを倒しこの戦いを早く終わらせろ」とメモを書き記します。
すると誰かがドアをノックする音が聞こえた為
、彼は急いでその地図を隠しドアを開けるのでした。
扉の向こうには、サイモンが立っており彼はドワイトの部屋へ入ります。そしてサイモンは、不満を持つ仲間達を集めニーガンを殺すとドワイトに打ち明けるのでした。それを聞いたドワイトは、不安な表情をしながらも最終的にサイモンの提案に納得し協力を示します。

⑤浜辺の人々のいる森では、アーロンが相変わらず空腹を感じながらもそこへ現れるウォーカー達を倒し続けていました。やがて彼は気を失い倒れていると、シンディー率いる人々に周りを囲まれます。
目が覚めたアーロンは、浜辺の人々に向かい自由を勝ち取る為には戦う必要があると訴えるのでした。それを聞いたシンディーは、改めて彼の発言がとても重要な事であると感じはじめます。

⑥ドワイトは、聖域の中庭でサイモン及び仲間の反逆者達と落ち合います。
そこでサイモンはドワイトにニーガンを直接始末するチャンスを与えると告げました。それを聞いたドワイトは、口笛を吹き合図を送ると裏からニーガンが登場します。含み笑いをしながらニーガンが数を数え始めると、彼の命令に従うスナイパー達が反逆者達を一斉に撃ち殺すのでした。残されたサイモン、ドワイト、グレゴリーはその様子を目撃し驚きの表情を見せます。そしてサイモンの裏切り行為を追求し始めたニーガンは、リーダーになりたいのであれば自分を倒すようにと彼に告げるのでした。
やがてニーガンとサイモンは、決着をつける為に人々が集まる聖域の中で格闘を始めます。2人は殴り合いを続け、どちらも生き残る為に必死に戦いました。最終的にはニーガンがサイモンの首を絞め息の根を止めましたが、その最中ドワイトはグレゴリーに地図を渡しヒルトップへ向かうよう告げます。

⑦サイモンを絞め殺した後ニーガンはドワイトと廊下を歩いています。
そこでニーガンは、ドワイトが新しい彼の右腕であると伝えるのでした。苦笑いをしながらも謝礼を伝えるドワイトは、自分の部屋の前まで辿り着きます。そして彼は部屋の扉を開けると、そこで意外な人が待ち受けているのでした。それはアレキサンドリア攻撃の日から姿を現さなかったローラだったのです。驚愕の表情をしているドワイトに対して彼女は、ドワイトがリック達と内通している事
を詰め寄ります。
その様子を見ている
ニーガンはローラのコメントに加えて、ドワイトの行動がいかに卑劣であるかを話し始めるのでした。そして彼は、ヒルトップ攻撃の為に展開された内容は嘘の情報であると伝え、ドワイトがその地図をリックに渡すであろうと見込んだ上での作戦であると言います。
偽りの計画をヒルトップに流したと知ったドワイトは、住人達が罠にはめられるという事を知り苦悶の表情を見せるのでした。

⑧ニーガンは聖域の入り口で見張りをしています。そこへ無線でミショーンから連絡がはいりました。
彼女はカールの意思を尊重し、ニーガン宛の手紙を読み始めます。その手紙には、リックから和平の申し出があった時は受け入れてほしいという内容でした。
ニーガンは一通りそれを聞き終えると今更元に戻る事は不可能であると告げ、たとえひざまつき投降してもリック達を許さないと叫びます。続けて彼は、リック達を殺す事により新しい出発が可能であるというのでした。そして自分は皆殺しは望んでいなかったが、リックがそうさせたと告げ無線機を破壊します。。。

ウォーキング・デッドシーズン8第15話を見た感想【ネタバレ】

ニーガン・リックそれぞれの決断

このエピソードは、ニーガンが信用していた2人の幹部に裏切られ暴走を止められなくなっている状態が確認できます。
彼は自分の腹心が裏切ったという事実と共に、リックが早い段階で降参をしなかったという事で事態が大きく発展してしまったと感じているようです。

ニーガンはヒルトップの全滅を願う

そしてサイモンが清掃人を虐殺しヒルトップに襲撃をかけた事で、もはや生き残った人々が自分に忠誠心を持つ事が不可能であると悟っていました。だからこそ、今回ヒルトップの人間達を抹殺するという考えに至っているようです。そして実際には、資源として有効活用できる人材を消すという結果に対しても不満を感じているのは明らかなのでした。
この短絡的なニーガンの考え方ですが、カールの手紙の内容を知っても彼は心を動かさないようです。
ニーガンはヒルトップ全滅により、リセットがかかりもう一度やり直しが可能だと考えているのでしょう。

リックはカールの遺書から何を思う

一方、やっとカールの遺書を読み終えたリックは、息子の意思を尊重する為にニーガンに歩み寄るのでしょうか?
彼の次の行動に期待せずにはいられません。
そしてこのシーズンは、もう一話で幕を閉じます。どのようにニーガンとリックの戦いが収束するのか・・・最終話が楽しみです!

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ウォーキングデッド
アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック



dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA