ウォーキング・デッドシーズン8第2話メイキング・インタビュー【ネタバレ】

第2話のメイキング・インタビューについて

第2話「The Damned」は101話目のドラマでした。2017年10月29日放送。
聖域襲撃に成功したリックグループは、引き続き救世主の別の基地を滅ぼすために行動します。アーロン率いるアレキサンドリアの人々が集結。救世主のアジトを襲撃します。リックとダリルも別の仲間達と基地侵入を試みるのでした。
今回もそのエピソードのメイキング、インタビューを確認してみました!

第2話メイキング

引き続き救世主打倒に乗り出すリックグループ:アーロンが車でバックするシーンの撮影方法

今回のエピソードは聖域から離れ、別の救世主の基地を攻撃するシーンから映像は始まります。
作中では、昔の保険会社の建物をアジトにしている救世主達を正面から攻撃するシーンでした。
そのシーンの撮影に参加したアーロン役のロス・マクワンド
今回はなるべく多くの救世主を倒そうとするのさ

エリック役:ジョーダン・ウッズ=ロビンソン
今回アレキサンドリアの住人が団結して、反旗を翻するのさ

そして戦いを続けていると、無残にもアレキサンドリアの仲間達が次々と銃弾に倒れてしまいます。
そこでアーロンはある行動を起こしました。演じたロスは「台本を読んだ時、最高の見せ場だと思ったよ」と言っています。
その映像は、アーロンが車をバックさせ2人の反撃してくる救世主をはねるシーンでした。
今回このメイキングを視聴したところ、この2人の救世主はスタントが撮影に臨んでいる事が明らかにされます。

スタントコーディネータのモンティ・シモンズ
シンプルな手法だよ。スタントたちの所に車がバックしてきたら、彼らは地面にある台で弾みをつけ、トランクから車の上にとびのるのさ

わずか数秒のシーンの撮影であっても、実は苦労してとっている事が感じ取られました。
そして実際に一歩間違えれば、大事故にもなりかねない事も事実なので細心の注意が必要だと思いますが、ドラマを見ている側としてはそんな事を考えもしないであろうと思います。。

第2話インタビュー

元保険会社を基地として利用している救世主達を襲撃する目的について

ダリル役:ノーマン・リーダス
この冒頭のシーンは救世主を罠にはめて、射殺した人々をゾンビ化させるという計画さ

リック役:アンドリュー・リンカーン
(基地侵入に対して)リック達はあるものをずっと探しており、それが今回のミッションなんだよ

エグゼクティブ・プロデューサー:トム・ルーズ
リック達の探している武器は以前持っていた50経口の銃で、これがあれば少人数で大勢倒せるからね

②この戦いの過程でリックとダリルが気がつく事。

救世主の基地に乗り込み、リックと別れたダリルは途中で独房のような場所へ遭遇します。
ダリル役:ノーマン・リーダス
そこで自分が、監禁されていた状況を思い出すのさ。そしてそれが奴(救世主)の狙いで、心に傷を負わせる事がね

そしてダリルとは別行動をしているリックは、ある男に襲われそうになり彼を殺害します。
その後その部屋の隣に侵入したリックは、そこにベビーベッドが置かれているのを目撃。
彼は今殺した男が、その赤ん坊を守るために戦っていた事に気がつき愕然とするのでした。

リック役:アンドリュー・リンカーン
そして(リックは)苦悶しはじめるのさ。この非情な死闘の最中に、ふと自らの行いを省みるんだ

エグゼクティブ・プロデューサー:ゲイル・アン・ハード
リックは、その時自分が思うような人間ではないと気がつくの

③昔の仲間モラレスとの再会に関して

エグゼクティブ・プロデューサー:トム・ルーズ
(部屋をまわっているリックが写真を見て)自分が、ゾンビからただ逃げていた昔の事を思い出すんだ。今やゾンビから身を守りつつ、人間同士が戦わなければならない

エグゼクティブ・プロデューサー:ゲイル・アン・ハード
(モラレスと遭遇にした)リックは、モラレスの状況を知って自分となんら変わりがない事に気がつきその事実に打ちのめされるの。

ウォーキング・デッドシーズン8第2話のメイキング・インタビューを見た感想【ネタバレ】

タイトルが表すエピソードの全体像

今回のエピソードのタイトル「The Damned」ですが、「地獄へ落とされた」という意味があります。
あらためてメイキングとインタビューを見て後にこのエピソードの流れを思い出していたのですが、このタイトルがつけられた意味がわかったような気がしました。

第2話は、まさに地獄へ突き落とされたような感覚を得る人々が続々と登場します。
まずアーロンは、エリックが銃撃戦で負傷しているのを目撃し、呆然となるのでした。
そしてダリルは、基地を探索している最中に独房を発見しその状態を見た時に彼が監禁されていた時の事を、再び感じ取ります。救世主から受けたひどい仕打ちは、ダリルに大きな傷を残していることが察知できました。

一方リックは救世主の男を殺害したあとに、赤ん坊を発見し自分の行動に愕然とします。まだ幼い子供の父親をたった今自分が殺したという自責の念にかられながら、鏡に映る自分の姿を虚ろな目つきで見るのでした。

救世主の立場から話をしたとしても、リック達の襲撃により多大な影響を受けている事も言うまでもありません。
そもそも戦争状況なので、当たり前と言えばそうなのですが、今回のエピソードはこのタイトルが完璧にマッチしているように考えさせられます。

今後の展開

インタビューでエグゼクティブ・プロデューサーゲイル・アン・ハードが言っていたように、リックは自分が思っているほど、残忍ではないという事を戦いの最中に気がつきます。

そしてその後ばったり遭遇した人は、アトランタ時代に一緒に行動をしていたモラレスでした。
モラレスに銃を向けられている状況で、硬直するリックでしたが、彼はそのちょっと前までに感じていた感情を持ちつつ、どのようにモラレスに対応するのでしょうか?実際に彼は、救世主達が自分達と同じような境遇である(またはそうであった)という事を感じているので、モラレスと対話を試みる状況が展開されるのではないかと思います。

そしてこのモラレス登場という状況が、視聴者の予測していた事と見事的中しました!多くの人々は、この数年間彼の再登場について話をしていたので制作側はそれを考慮したのでしょう。

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ウォーキングデッド
アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック



dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA