ウォーキング・デッドの舞台(ロケ地)シーズン8【ネタバレ】

シーズン8は何処で撮影されている?

前シーズンに引き続き、はらはらが止まらないシーズン8でした。
リックとニーガンの全面戦争の結果がこのシーズンでついに明らかにされます。今回は何処で撮影がされていたのでしょうか・・
確認してみました!

①タラ、キャロルハイウエイのシーン:
GA-20、ハンプトン、ジョージア州、アメリカ合衆国
位置:33°22’37.3″N 84°17’36.4″W

第1話、タラ達が聖域に攻撃をする前に待つ場所はハイウエイで撮影がされていました。
この高速道路は、ハンプトンに位置するジョージア州道20になります。そして後にその道路の下を群衆が通りますが、その道路はオールド・グリフィン・ロードという名の道になっていました。

②カール&リック、セディクと対面するガソリンスタンド:
265 タイローン・ロード、ファイエットビル、
ジョージア州、アメリカ合衆国

カール達がセディクと対面するガソリンスタンドのシーンですが、この撮影場所は昔、実際にガソリンスタンドだったようです。
今は、カーウォッシュをする自動車メンテ会社として存在していました。
近隣にはピーチ・ツリーシティーというやや大きめの街がありそこには、大型商業施設や、ホテルなどがある事が確認できます。
おそらくこの地域に住んでいる人々は、このピーチ・ツリーシティーにて日常品などを手に入れるのだと想像できました。

③ダリルの攻撃:
サウスファーストストリートとパークアベニュー周辺、
エレンウッド、ジョージア州、アメリカ合衆国
33°37’10.0″N 84°18’48.8″W

救世主を潰す為にダリルは、ウォーカーを聖域へ連れて行く為に様々な場所を爆破します。まず彼が一番最初に攻撃した場所は、グリフィンで撮影されているようでしたが、いまいち場所が特定できませんでした。
このシーンでは連続してダリルが合計6回爆破を仕掛ける映像を生み出しています。最初のシーン以外の残りのシーンは、エレンウッドで撮影が行なわれていました。このエレンウッドは、初めて聞く場所だったので調べたところ、アトランタから南に車で20分ほどでたどり着く郊外でした。
またこのシーズン8では、スタッフ達が再度アトランタ近辺で撮影を行っている事が判明します。

グリフィンで撮影が行なわれたと思われるシーン:

エレンウッドでのシーン:


④アーロン達が攻撃する救世主基地:
ウィラードライブ、エレンウッド、ジョージア州、
アメリカ合衆国

第2話にてアーロン達が聖域の基地を襲撃します。この基地はその昔保険会社であり、今はシェファード・オフィス・プラザという設定になっています。
その撮影も同じくエレンウッドで行なわれていました。ウィラードドライブ沿いの建物での撮影という事はわかりましたが、特定の住所までは残念ながら探せませんでした。
戦いが終わり、リックはこのシェファード・オフィス・プラザでポラロイド写真を撮ります。その後メモを書くシーンで彼の後ろに白い貯水庫のようなものがあるのが確認できますが、これはウイラードライブの延長線にある、アンビル・ブロックロードに沿って立っていました。
また、ウォーカーになりふらふらと歩くエリックが森の方へ向かうシーンもありました。このシーンは、アンビル・ブロックロードとは反対側のウィラードライブの先になり、ダックス・ドライブという道である事も判明しています。

⑤王国の人々が殺される場所:
3048 バッテリーウェイ、イーストポイント、
ジョージア州、アメリカ合衆国

第3話から第4話にかけて登場する場所で、エゼキエル率いる兵士達が救世主に攻撃されるシーンがありました。
調べたところそれはイーストポイントジョージア州で撮影が行なわれています。
この敷地は、化学薬品工場になっていました。写真で確認したところ厳重に、侵入禁止の札が掲げられています。。。撮影後もこの場所を見に来るファンは沢山いるのではないか?と予想されました。
そしてこのイーストポイントは、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港に近い場所に位置しています。

⑥リックが壊れた家電から手紙を拾うシーン:
699ドリー・ニクソンロード、セノア、ジョージア州、
アメリカ合衆国

計画を1人で遂行するリックは、それぞれのコミュニティの情報を隠された手紙を通して知ります。
この人が全くいない道は、セノアで撮影されていました。このドリー・ニクソンロードですが今回の撮影以外でも、このドラマの撮影に何度も使われていた事が判明しました。今回は、このリックが歩くシーンとロジータとミショーンが車で聖域の破滅を確認する際に物音を聞くというシーンがこの道で撮影されています。
セノアは本当にこのドラマには馴染み深い土地であると今回改めて感じさせられました。

⑦リック・モーガンが救世主捕虜達に囚われるバー:
2700 ノース・エクスプレスウェイ、グリフィン、
ジョージア州、アメリカ合衆国
位置:33°18’23.7″N 84°17’24.8″W

ヒルトップから逃亡した救世主の捕虜達に囚われてしまったリックとモーガン。廃れたバーの中で、リックは仲違いをしている救世主達を今であればヒルトップに一緒に戻れると説得を始めるのでした。
このバーのシーンですが、グリフィンにあるバーで行なわれている事がわかりました。「Mama’s County Showcase」 というレストランバー・クラブになり、ライブパフォーマンスやも行われる事もあるようです。今回盛大なパーティを行ったというチラシを見つける事ができましたが、現在も続行しているのかどうかは不明でした。。

⑧リックとニーガン、最後の戦い:
スリー・ツリーズ・ランチファームズロード、
ウッドベリー、ジョージア州、アメリカ合衆国

リック達がニーガン率いる救世主と対面をするシーンですが、広大な敷地で撮影が行なわれていました。
この撮影はスリー・ツリーズランチファームズロードという道沿いである事は確認がとれました。そしてこの場所はおそらくスリー・ツリーズランチという牧場の中を利用したのではないか?思います。

この場所でリックとニーガンの戦いは遂に終わりを告げました。

ウォーキング・デッドシーズン8のロケ地を調べた感想【ネタバレ】

様々なロケ地を利用したシーズン8

このシーズンでは、新たに調べた事のない地域が確認できたので面白いと思いました。
エレンウッドはジョージア州のディカーブ郡、イーストポイントは、フルトン郡にあります。そしてなんと前回はすっかり見落としていましたが、アトランタはこの二つの郡に分けられている事を今回発見しました! 一つの町が二つの自治体に管理されるという事は驚きです。
特にエレンウッドですが、フォートギレム駐屯地まで車で10分ほどでした。その情報の延長線で軍関連の基地を調べたところ、ジョージア州はアメリカ合衆国の中でも、軍の施設が多く存在している場所のようです。
このドラマでも軍の人間たちと遭遇したり、軍施設を目撃する機会がたくさんありましたが、実際にジョージアに住む人々からすると米軍との接点は以外と近いのではないか?と想像させられました。

広大な場所でニーガンを倒し、彼を生かす事を決めたリックの今後は?そして次シーズンの撮影は何処で?

シーズン8では、シーズン6から始まった一連のリックとニーガンとの闘いに終止符が打たれました
そしてこのドラマにおいてここまでの撮影場所は、確認した限りアメリカ、ジョージア州のみでの撮影という事が今のところ明らかにされています。
今回、全く馴染みがなかったジョージア州を確認し続けましたが、多少はアメリカ南部の一部が理解できたのではないかと思います。そしてジョージア州はアトランタ以外は「広くて平地が続く」という印象が頭から離れません。
しかしながらこの州はその立地条件をうまく生かして、ウォーキング・デッドの撮影のみならずそれ以外の様々なドラマや、映画の撮影場所として産業を栄えさせているのだと思います。
調べれば調べるほど、ジョージア州は今注目されるアメリカの州の一つである事は間違いないと思いました。

物語が一区切りつき、次のシーズンがどのように展開するのか依然予測がつきませんが、今後も引き続きジョージア州で撮影が行われるのかが見ものです。

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ウォーキングデッド
アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック



dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA