ウォーキング・デッド シーズン9 第3話【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ:崩壊した橋を修繕するリックたち。全てのコミュニティーが団結して協力をしていましたが、救世主のジャスティンは反抗的になりダリルと揉め事を起こします。さらにリックの指揮の元で行われていた計画が、ジャスティンの不注意によって失敗してしまい、その結果アーロンは腕を切断するはめになってしまうのでした。
リックはその後、その非協力的な男を追放します。

一方ヒルトップでは、マギーが拘束されていたアールを釈放し、彼にセカンドチャンスを与える事にするのでした。

第3話「A、又はB」あらすじ【ネタバレ】

①道で突然襲われたジャスティンは殺害され、ウォーカーに貪られています。やがて自らも転化し、彷徨い始めるのでした。その周辺の建物の壁には、「最終警告」と書かれています。

朝になりアレキサンドリアでは、リックが憲章を作成しているミショーンに街を正しい方向へ導いていると彼女の行動に対して感謝しました。そしてその日彼は橋修繕現場へは戻らないと告げ、リック、ミショーン、ジューディスは幸せな時間を過ごします。

②食料を救世主の元へ馬車で運んでいるマギーとカルは、数人の救世主たちと遭遇します。その救世主たちは、数人の仲間たちが昨夜忽然と消えてしまったと伝え、マギーたちへ燃料を運びに行った人々も戻ってこないと告げるのでした。やがて彼らがその場を立ち去ると、マギーはウォーカーに転化したジャスティンがふらふらと目の前を横切るのを目撃します。

③キャンプでは、その後ジャスティンの死を知った救世主たちが、誰が彼を殺したのか?と、別のコミュニティーの人々を問い詰めます。徐々に双方の緊張感が増して来ると、救世主のジェッドはダリルとアンが疑わしいと発言し、斧で彼らに攻撃をかけようとするのでした。そこへその状況を知らされたリックが登場し、いざこざを止めます。そしてリックは、はびこるウォーカーを別の場所へ誘導しろと人々に指示を出すのでした。
人々が落ち着きを取り戻すとリックはガブリエルに、アンが昨晩何処にいたかを聞き、彼女を見張るように告げます。それに対してガブリエルは、昨夜は彼女と2人で監視をしていたと嘘をつくのでした。

④リックと別れたガブリエルは、テントの中にいるアンに話かけます。彼は先ほどのリックの問いを彼女に報告し、続けてジャスティンの件で何か知らないか?と質問するのでした。アンはガブリエルに隠し事があると思っているのか?と逆に質問すると、その場を立ち去ります。

その頃リックは、1人でナイフのメンテナンスをしているダリルのところへ近寄りました。彼はジャスティンの死体の傷から、ダリルがクロスボウで殺害したのではないか?と単刀直入に聞くと、ダリルは殺すなら堂々とすると言い切ります。
そしてダリルは救世主と新しい時代を築く事は不可能であり、今まで死んだ彼の大切な友人たちは未来を持つ事ができなかったと告げ、リックの考える理想的な世界を否定するのでした。

⑤周辺警備を遂行しているマギーとシンディーは、森の中で一件の小屋に集まるウォーカーの群れを倒し始めます。そこへリック、ダリル、ロジータが集合し応戦しますが、リックは指示を出したベアトリス、アラットが集合していない事に気がつき、彼らを探し始めるのでした。やがてリックと仲間たちは、気を失ったベアトリスを発見。近くにはアラットの無線機が放置されており、何者かが彼女を連れ去ったという事を知ります。

⑥キャンプに仲間を集めたリックは、アラット失踪の件を救世主に知られる前に見つける必要であると告げ、それぞれ搜索を開始します。
リックとキャロルは森の中で会話をしながら進み続けていると、リックは絶えずニーガンを殺す衝動を感じるが、人々と人生を築くという使命を考える事によってその行動を止める事ができると告白するのでした。

一方ダリルと行動をしているマギーは、リックの今行っている事は息子のハーシェルにとっても正しい事だと告げます。
2人はどんどん森の中を歩きつづけ、ダリルはそこで出くわしたウォーカーの死体から誰がアラットを誘拐したかわかったと、言うのでした。

⑦夜になりアンは、昔ジェイディスだった頃住んでいたごみ捨て場を訪問します。そこで無線のスイッチをオンにすると、誰かと通信し始めました。
AかBかどちらが欲しいか?と彼女は聞くとその無線の相手はAが欲しいと告げます。そこへジェイディスのあとをつけたガブリエルが登場し、一体誰と話をしているのか?と問いただすのでした。
アンは正直に人々を誘拐し、別のグループに連行していると打ち明けます。そして彼女は、一緒にそのコミュニティへ移り住もうと提案するのでした。
しかしためらいを感じるガブリエルはリックにそれを伝える必要があると告げると、アンは「あなたを今までBだと思っていた」と発言し、彼に殴りかかり気絶させます。

⑧夜になりダリルとマギーは、「最終警告」と書かれている建物に到着すると、そこには、アラットを捕まえたシンディーとベアトリスがいました。
ベアトリスに対してジャスティン殺害を問いただすダリルでしたが、彼女はジャスティンが彼女の夫を殺したと告げます。
そしてシンディーは、弟がアラットに殺され、その復讐をすると叫ぶのでした。続けてシンディーはマギーに対して、グレゴリーを死刑にした事により、リックへ絶対的に服従する必要がないと理解したと告げます。命乞いをするアラットでしたが、マギーとダリルはその場を立ち去り、彼女は絶命しました。

翌朝、アラットが戻らない事で疑惑をつのらした救世主たちはキャンプを去ります。
その頃路上では、マギーがダリルに、もうリックのやり方で物事は進めないと伝えました。そしてニーガンに会いに行く時が来たと告げます。。

シーズン9第3話を見た感想【ネタバレ】

不協和音が鳴り響くリックたちのコミュニティー

このエピソードでは、リックのコミュニティーが崩壊し始めている事が明らかにされます。浜辺の人々であるシンディーとベアトリスの過去が明かされ、復讐を遂げる彼女たちをそのように行動させた理由は、皮肉にもマギーのグレゴリー処刑だったようです。
マギーのその行動が、「リックに従う必要がない」というメッセージを送ったという事は、意外な展開でした。
おそらくマギー自身は、この処刑行為が今回のように人々へ「正しい道」を示しているとは思いもしなかったのではないか?と感じます。
そしてこの新たな展開に直面した彼女は、自分がリーダーとして全てのコミュニティーをまとめる事ができるという強い確信を持ったに違いありません。
最後にマギーがダリルにリックの物事の進め方を終わらせるという発言と、ニーガンを訪れるという意味は、彼女らがニーガンを殺しに行くという事を示唆していると思いました。
また不安な要素がいっぱいでこのエピソードは終わりましたが、次回の新たな展開が待ち遠しいです。

アン/ジェイディスが無線で話した相手は?

不可解とも言えるアンの行動ですが、彼女は誰かと裏で取引をしていたようです。
そして無線で謎の男に語りかける時、彼女はジェイディスと名乗っていました。まさに、ジェイディス復活とも言えますが、彼女は一体誰と会話をしていたのでしょうか?
ヘリコプターを所有する人々なので、大きな組織に属する人間である事は明らかだと思います。
そして会話の中で登場するAとBというグループですが、AはおそらくリックたちBは救世主たちと分けているのではないか?と考えられました。
また前回恋が芽生えたと思ったガブリエルに対してですが、アンはおそらくこの無線の男に彼を売り渡すのであろうと予想できます。
詳しい詳細はまだ確定していませんが、どのような話になるのか思うと、ドキドキが止まりません。

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  ウォーキング・デッド アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら Huluお申し込み↓↓↓をクリック dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ 今なら31日間無料キャンペーン中!! dtvお申し込み↓↓↓をクリック    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA