ウォーキング・デッドの舞台(ロケ地)シーズン9 : 第1話〜第8話【ネタバレ】

シーズン9前半ロケ地考察

待望のシーズン9でしたが、2018年12月の時点で最初の8話が終了しています。
今回のシーズンは、リック役アンドリュー・リンカーンが降板するというビッグニュースが舞い込み驚きながら視聴を続けていました。そして衝撃的な結末を迎え、前半のシーズンが幕を閉じます。
今回も、シーズン9で利用されたロケ地を確認してみたいと思います!

①リックたちが博物館へ向かう道:
234 ワシントンストリート、SW アトランタ、ジョージア 30334
アメリカ合衆国

第1話ではリックたちが馬に乗り、ウォーカーを退治しながら進んでいくシーンがありました。それは、アトランタで撮影がされています。
確認したところこのワシントンストリートは、アトランタ市内の中心で、市役所や裁判所が立ち並ぶ場所でした。CG加工のおかげで作中では全く異なった状況を醸し出していますが、現実にはとても重要な建物が立ち並ぶ所です。

②博物館:ジョージア州会議事堂
206 ワシントンストリート SW、アトランタ、ジョージア 30334
アメリカ合衆国

先ほどのワシントンストリートを進み続けると、リックグループは物資調達のために立ち寄る博物館へ到着します。ドラマの中では、この博物館がワシントンD.Cにある「マシスンミュージアム」という設定になっていましたが、実際の所アトランタで撮影が行われていました。しかも、ジョージア州会議事堂を借り切って行ったそうです。

このジョージア州会議事堂は、18歳以上の人が入場するときはIDの提示が求められますが、一般公開もしているようです。議会が開かれる街の重要施設で、ゾンビドラマの撮影がされているという事は驚きますね!

余談ですが、エゼキエルが下の階に落下しそうになるシーンは、別にセットを作り撮影したようです。

③ジャスティンが転化し歩く場所、シンディがアラットを殺害する場所:
100 ジョンクウィルレーン、ウッドベリー、ジョージア、 30293
アメリカ合衆国

第3話の冒頭で、転化したジャスティンがさまよう場所は、「侵入禁止」という文字が掲げられている建物でした。同じくマギーとダリルがアラットを探すシーンでこの建物は再び登場しましたが、この二つのシーンはウッドベリーで撮影されていました。

ウッドベリーは、前シーズンではリックとニーガンが戦う最後のシーンも取られており、広い土地が多くある事が確認できます。この街では、数回に渡りウォーキング・デッドの撮影で利用されているので、その土地に住む人たちにとっても良い経済効果があるのではないか?と思いました。

④ダリル、リックがオートバイで通るシーン・リックが負傷するシーン:
805 ブラントン・ミル・ロード、グリフィン、ジョージア、30224
アメリカ合衆国

マギーがアレキサンドリアへ向かったというニュースを聞き、リックはダリルと一緒にオートバイに乗り移動します。
その時通りかかる十字路と、その後にリックが負傷してしまう場所は実は同じ場所でした。この十字路は、グリフィンにあるブラントン・ミル・ロードスコット・ブランチ・ロードのクロスした場所です。
現在このブラントン・ミル・ロード沿いには酪農場があり、その柵が作中でも実際に確認する事ができました。この地域は、コンビニなどが一軒も探す事ができない平野になっています。

⑤リックが最後に橋を爆破するシーン:
ラインクリークロード、ブルックス、ジョージア、 30205 アメリカ合衆国

第5話はアンドリュー・リンカーンの最後の出演の回でした。
負傷したリックは、群れをヒルトップへ向かわせないために橋を爆破する事を決意します。
その橋を確認した所、ジョージア州ブルックスという街にあるラインクリーク ロードでした。このラインクリークロードは長い道路で、ここにたまたま橋がかけられているようです。ドラマの中では、濁流が流れる川でしたが、画像を確認するとそこまで水が流れているようにはみえませんでした。しかしドラマとほぼ一緒だと感じるのは、この地域の森の深さです。木々が覆っており、おそらく中に入ったら迷ってしまうのではないか?と感じます。

⑥キャロルとヘンリーが旧救世主と遭遇する場所:
10 ホルムズドライブ、ウッドベリー、ジョージア 30293 アメリカ合衆国

リックが去り数年経ったある日の事、青年になったヘンリーをつれてキャロルはヒルトップへ向かいます。その道筋で、旧救世主と遭遇してしまい彼女らは一時的に拘束されるのでした。
このシーンの撮影は、ウッドベリーでやはり行われていました。
この地域は、教会や自動車整備工場、コンビニなどもあり、住宅もまばらに建てられている場所です。撮影で使われた建物が、一体何なのかまでは確認ができませんでしたが、次に紹介する給水塔の場所にやや近い事がわかりました。

⑦ユージーンとロジータがアンプを設置するシーン:
メモリーレイン、ウッドベリー、ジョージア、30293、アメリカ合衆国

周波数を拡大するために、街の外へ出る事を決めたユージーンとロジータ。給水塔の上にアンプを設置するユージーンは、群れを遠くから発見し憔悴します。
このシーンの撮影は、ウッドベリーで行われていました。
この2棟の給水塔がある場所に接する道は、セメタリーストリートといわれ、その隣にはウッドベリー墓地があります。
ドラマの中でもユージーンが塔から見下ろした映像右側に、墓地がある事が確認できました。

⑧ミショーンがルークのストラヴィバリウスを壊す場所:
730 ピエモントアベニュー周辺、グリフィン、ジョージア、アメリカ合衆国

ミショーンがマグナたちをヒルトップへ連れて行く途中、一晩滞在した場所は、グリフィンで撮影されていました。
残念ながらその建物の外見から何なのかは確証が持てませんでしたが、この周辺には教会や、利用されていない建物が数々あるようです。

そこから道を進んでみると、新しい建物が並ぶ住宅街を発見しました。その住宅街ですが低所得者用の居住区域になっており、かなり街が整備されているように見えます。
ここからグリフィンのダウンタウンへはわりと近く、徒歩で25分ほどの距離になります。

シーズン9前半のロケ地を調べた感想【ネタバレ】

シーズン9の撮影はやはりジョージア州!

今回の撮影も、やはり大幅にジョージア州での撮影が多かったです。そして建物でのシーンは、ウッドベリーが利用され、森などのシーンはグリフィンが多かったと感じました。
そしてこのシーズンは、リックの最終登場ということもあり、アトランタでの撮影はリックを演じるアンドリュー・リンカーンにも懐かしい感情を与えたであろうと考えられます。
またこのドラマのストーリーが展開するにあたり、自然豊かな場所での撮影が多くされていたように感じました。そうなると、ジョージア州は木々が茂る森や川が複数存在するので、絶好の撮影場所であると感じます。

今回の撮影で一番びっくりしたのは、州議会を利用しているという所だと思います。
制作側のコメントにもあるように、このような一般的なホラードラマの撮影には今まで利用されていないでしょう。また、キャストたちもまさか法律が作られる威厳ある場所で、撮影をするとは思いもしなかったのではないか?と考えさせられます。

さて、シーズン9の後半は、いよいよウィスパラーズとの戦いが始まります。死人の皮をかぶった奇人たちとの遭遇シーンは、何処で撮影されているのでしょうか?ドラマが再開するのを、待ちたいと思います!

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ウォーキングデッド
アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック



dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA