ウォーキング・デッド シーズン5 第10話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

ベスを失い、失意のリック達。ノアが住んでいたリッチモンド郊外の街へ行く事にします。まず、様子を探るため、リック、ミショーン、グレン、タイリース、ノアが行く事に。母親と弟達はきっと生きていると言うノア。しかし、街はウォーカーが徘徊する廃墟となっていました。憔悴するノアを慰めるタイリースはノアと自宅へ行ってみる事に。すでに母親と弟は死んでウォーカーに転化してしまっていました。そこでタイリースはウォーカーの弟に腕を噛まれてしまいます。吹き出す血に意識が遠のくタイリースは死者の幻影を見ます。リックは腕を切り落とします。タイリースは薄れゆく意識の中で、ベス、ボブ、リジーとミカに囲まれ、安らかな眠りに尽きます。第10話を視聴しました。

第10話「乱れる心」あらすじ【ネタバレ】

3分で分かる第10話のネタバレ

  1. ベスに続いて、タイリースも亡くし、悲しみの中、マギーとサシャは呆然と日々を過ごしています。
  2. ワシントンを目指すリック達ですが、車はガス欠し歩いて向かいます。食料も水も残り少なくなり、アトランタから3週間で、皆は疲弊しています。
  3. マギーは悲しみと怒りの中で、信者を助けなかった神父のゲイブリエルに辛くあたります。
  4. サシャもまた、怒りで冷静になれずにいます。
  5. 食料と水を探しにダリルとキャロルは森へ入りますが、何もありません。キャロルはベスが持っていたナイフをダリルに差し出し「あなたなら、きっとやり直せる。これから強く生きていける。」と言います。
  6. 幹線道路を歩いていたリック達ですが、ウォーカーの群れに遭遇してしまいます。体力を温存するために、まともに戦わず、かわそうとしますが、サシャがナイフを振り回し向かっていってしまいます。ミショーンが止めても聞き入れません。どうにかウォーカーを撃退します。
  7. 途方に暮れるリック達。そこへ野犬が現れます。サシャが銃で仕留めます。やっと食料にありつける事になりました。
  8. マギーを気遣うグレン。マギーは「ベスはもう生きていないかもと思っていたのに、生きていた。なのにそれがわかったところで死んでしまっていた。もう戦えない。」と言います。グレンは「まだ戦える。」と励まします。
  9. 水を探しに森へ入ったダリルは、耐えきれず泣き出します。
  10. リック達は道で「友より。」と書かれた手紙と水を見付けます。ユージーンが飲もうとしますが、「騙されるな!」とリックが止めます。そこへ雨が降ってきます。
  11. 雨が酷くなってきたため、ダリルが見つけた小屋へ移動します。そこで夜を明かす事にします。
  12. 夜になって、外へウォーカーが集まり出してしまいます。必死で扉を抑えます。外は酷い暴風雨です。
  13. ウォーカーもいなくなり、皆、疲れて寝ている間に朝になりました。
  14. マギーはサシャを連れて外へ出ます。ウォーカーは流れてきた土砂に巻き込まれていました。夜明けの太陽を眺める二人。
  15. そこへアーロンと名乗る男が現れます。警戒し、銃を向けるマギーとサシャ。「わかるよ、よそ者は危険だ。君達のリーダーと話がしたいんだ。」と言うアーロン。彼はリックを知っています。そして「いい知らせなんだ。」と言います。第11話へ続く。

ウォーキング・デッド シーズン5 第10話を見た感想【ネタバレ】

マギーとサシャの悲しみと怒り

ベスとタイリースを亡くし、皆、意気消沈しています。特にマギーとサシャは肉親を亡くしたので、溢れる悲しみと怒りをどうしていいのかわかりません。マギーは父親であるハーシェルが信心深く、自身も教会へ通っていた事もあり、信者を見捨てて、自分だけ生き残ったゲイブリエルに怒りをぶつけます。神父であったゲイブリエルはマギーを心を少しでも軽く出来ないかと、「話してくれ。」と声をかけますが裏目に出てしまいます。もしかしたら、ゲイブリエルが神父という立場も捨て、一人の人間としてマギーと向き合ったら、違っていたでしょうか。マギーは未だ、神父として振る舞うゲイブリエルに偽善的に思っているのかもしれません。
マギーに比べ、サシャは怒りで衝動が強く出ているようです。ミショーンが言うように、兄のタイリースも悲しみを怒りと衝動で、自暴自棄な行動を取る事がありました。しかし、これは誰かが止めてあげなければ危険です。サシャはウォーカーが現れるとがむしゃらにナイフを振り回してしまいます。冷静になれないのです。徐々に落ち着いてくるでしょうが、それまでは見守りが必要でしょう。

新たな人物との出会い

ワシントンを目指すリック達ですが、道は遠く、車もガス欠で捨てる事になってしまいました。食料も水も不足しています。そこへ唐突に道に置かれた水が出てきます。一体、誰が置いたのか?リックは危険であると警戒し、手を出しません。そこへ、マギーとサシャの前にアーロンという人物が現れます。彼は一体、何者なのか?リーダーであるリックを知っています。彼の言う「いい知らせ」とは何の事なのか。味方なのか、敵なのか。ここからも出会う人間には注意しなければなりません。しかし、リック達は正直、極限状態です。条件次第では受け入れるしかないかもしれません。

出演者紹介「コーリー・ブリル」

アレクサンドリアの住人ジェシーの夫、ピーター・アンダーソンを演じた、コーリー・ブリルはアメリカ合衆国の俳優です。

出演者一覧はこちら

コーリー・ブリル/Corey Brill

役:ピーター・アンダーソン/Pete Anderson
生年月日:不明
主な出演作
ドラマ
『CSI マイアミ』
『ウォーキング・デッド』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン8は10月23日(月)22:00〜
Huluとdtvで日本最速配信

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウォーキング・デッド
アウトキャスト
   

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8の日本最速配信開始!!
シーズン1〜7の全話配信中
豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック


dtvなら月額500円!!
ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA