ウォーキング・デッド シーズン5 第14話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

アレクサンドリアへの居住が認められたリック達。徐々に生活に馴染んでいきますが、リック、ダリル、キャロルは警戒を解かず、武器保管室から銃を持ち出す事を計画します。ディアナが歓迎パーティーを開いた日に、キャロルがこっそり抜け出し、銃を持ち出します。そんな常に警戒心を解かないリック達とは対称的に、ディアナや住人達は外の世界に対する警戒心も薄く、日々の生活を楽しんでいます。そんな住人に苛立つサシャ。パーティーで話しかけてきた住人に怒鳴ってしまいます。リック達はこのままアレクサンドリアの住人として、平穏に暮らしていく事になるのか、第14話を視聴しました。

第14話「見捨てない」あらすじ【ネタバレ】

3分で分かる第14話のネタバレ

  1. 牧師のゲイブリエルはアレクサンドリアの教会へ入ってみます。しかし、空しい思いが込み上げ、聖書を破ってしまいます。
  2. ノアはディアナの夫で元建築家のレジに「建築を教えて欲しい。」と言います。理由は壁の補強や、家を直す事などをしたいからとの事でした。レジは快く引き受けます。そして、自分が書いてきたノートをノアに託します。
  3. 物資の調達へ、ディアナの息子エイデン達とグレン、ノア、タラ、ユージーンが向かう事になります。
  4. リックはジェシーの家のガレージへ行きます。ジェシーはふくろうのオブジェを壊されてしまったと言います。リックは誰がやったか見つけると言いますが、はぐらかそうとするジェシー。
  5. 倉庫へ着くグレン達。周囲を確認してから入る事にします。しかし、正面にはウォーカーの大群が。
  6. 倉庫内に入るグレン達。ウォーカーがフェンスに閉じ込められています。
  7. ウォーカーに襲われそうになったところで、パニックになったエイデンは銃で誤爆してしまい、吹き飛ばされたタラが意識を失います。エイデンは壁に突き刺さってしまいます。そこへフェンスが壊れ、出てきたウォーカーが襲い掛かります。
  8. キャロルの家へサムが入り込み、「クッキーがまた食べたい。」と言います。キャロルは「オリビアがいる保管室からチョコレートを盗ってきたら、作ってあげる。」と言います。
  9. 意識を取り戻さないタラを運ぼうとするグレン達。そこへ死んでしまったと思われたエイデンが声をあげます。ニコラスは見捨てて逃げようとしますが、助けようと言うグレン。タラはユージーンが守るので、エイデン救助に向かう事にします。
  10. エイブラハムは、壁補強のための材料の運び出し作業を引き受けます。そこへウォーカーが現れます。逃げ遅れたフランシーヌをエイブラハムが助けます。斧でウォーカーを倒していくエイブラハム。
  11. リックをジェシーの夫ピートが酒に酔って訪ねてきます。何か含みがあるような物言いをするピート。
  12. タラを抱え、外へ向かうユージーン。グレン達はエイデンの側へ行きます。杭が突き刺さったエイデンを外そうとしますが、中々抜けません。ウォーカーも近づいてきます。ニコラスは「俺達は仲間を置き去りにした人間だ、そういう人間だ。」と言い残し、逃げてしまいます。何とかしようとするグレンにエイデンは「もう、いい・・あの4人が死んだのも自分達のせいなんだ。」とグレンに逃げるよう言います。ウォーカーに襲われてしまうエイデン。
  13. ウォーカーを倒したエイブラハム。「いつもこうやって、仲間を見捨てるのか!」とトビンに怒ります。今日の作業は止めようと言われますが、エイブラハムの仕切りで作業を続ける事にします。
  14. 一人で逃げようとするニコラス。「一人で行くんじゃない!」とグレンが言いますが、聞きません。グレンとノアはウォーカーを倒しながら出口へ向かいます。しかし、回転ドアにウォーカーと挟まれてしまいます。
  15. トビンの進言もあって、エイブラハムはディアナの許可を得て、正式に現場監督になります。
  16. チョコレートを盗ってきたサム。キャロルは「これが最後。二度と来ないで。」と言います。サムは「料理を作るのが好きなの?」とキャロルに聞きます。キャロルは「料理をしていると悲しい事も忘れられる。」と言います。サムは「僕は悲しい時には物を壊す。」と言うので、「ふくろうを壊したのはあなた?」とキャロルが聞くとうなずくサム。サムは銃が欲しいと言い出します。誰かを守りたいようですが、何も言わず、家を出て行ってしまいます。
  17. 身動きが取れないグレン達。そこへ、車を運転したユージーンが現れます。音楽でウォーカー引き寄せます。グレンはニコラスに「ガラスを割って、ノアと先に出る。ライフルを取ってくるから待つんだ!」と言います。しかし、ニコラスは自分だけ外へ出ようとしてしまいます。そのため、ノアがウォーカーに足を掴まれ、襲われてしまいます。
  18. ユージーンが戻ってくるとニコラスが乗り込みます。ユージーンは「二人はどうした?」と聞きますが、「今すぐ逃げて生きるか、ここへ残って仲間と死ぬか、選ぶんだ!」とニコラスは言います。不審に思ったユージーンは銃を向けようとしますが、揉み合いになり、運転席から降ろされてしまいます。そのまま乗り込もうとするニコラス。そこへグレンが現れニコラスを殴り倒します。
  19. キャロルはジェシーの家を訪ねます。応対したピートにサムの様子を尋ねます。しかし、「大丈夫に決まってる。」と言われます。ジェシーと話せるかを尋ねますが、「今、忙しい。」とドアを閉められてしまいます。
  20. アレクサンドリアへ戻るグレン、ユージーン、タラ。ノアの残したノートがあります。そこには「ここから、すべてが始まる」と書かれています。
  21. ゲイブリエルはディアナを訪ねます。「偽りの神が入り込んでいる。彼らまで入れたのは間違いだ、リックと仲間達は善人ではない。彼らのやってきた事は口にするのも憚れる。」と言います。こっそり聞いてしまうマギー。
  22. キャロルはリックにジェシーがDVを受けていると言います。
  23. ディアナはリック達は街にとって必要な人材だと言いますが、「彼らは仲間達の命を優先する。そしてこの街を破壊する。悪魔の僕だ。」とゲイブリエルは引きません。そして「手遅れでない事を祈っている。」と言います。
  24. キャロルは「ピートには死んで貰うしかないわ。」とリックに言います。

 

ウォーキング・デッド シーズン5 第14話を見た感想【ネタバレ】

ノア、衝撃の死

今回は、大変な悲劇が起きてしまいました。このドラマでは主要キャストであっても、突然、衝撃的に死亡する事がありますが、まさかノアがこんなに早く逝ってしまうとは。ディアナの夫、レジから建築を学びたいと希望を抱いていただけに残念です・・・。

エイデン、ニコラスと一緒に物資の調達へ出かけますが、この二人は仲間が危機に陥っても自分が逃げる事が優先で、助けようとしません。そのため、ノアが犠牲になってしまいました。確かに助ける事が無理な場合もありますが、今回はグレンが必死でなんとかしようとしていたのに、ニコラスはそれを振り切って、自分だけが逃げ出しました。グレンはニコラスを殺しはしませんでしたが、この先、許す事が出来るでしょうか。というより、もう一緒に行動する事も御免でしょう。それにこの事態を知ったリックもどうするでしょうか。

ゲイブリエル神父の裏切り

アレクサンドリアへ着いてから、様子がおかしかったゲイブリエルですが、まさかの裏切り行為に出ました。ディアナの元へ行き、リック達は危険だと警告をします。
ゲイブリエルは「悪魔は自らを光の天使だと偽る事が出来る。偽りの光が壁の中に入り込んでしまったようだ。この街は理想郷だ、しかし彼らを入れたのは間違いだ。信用してはいけない。彼らは危険なんだ。彼らは自分達の仲間の命を何より優先させ、この街にあるものすべてを破壊するだろう。悪魔の僕だ、偽りの使徒である彼らは理想郷に住む資格などない。」と言います。

聖書では悪魔はもともと聖なる天使でしたが、嘘をつき神に反逆しました。悪魔は多くの人の目をくらまし、自分の存在を隠しています。

その人たちの間にあって、この事実の体制の神が不信者の思いをくらまし、神の像であるキリストについての栄光ある良いたよりの光明が輝きわたらないようにしているのです。 コリント人への手紙第2 4:4

そして悪魔は人類に大きな影響を及ぼし、自分の影響力を強めるために欺きを用います。しかし、神の助けがあれば悪魔に立ち向かえます。と教えています。
なぜ、ゲイブリエルはリック達を悪魔とみなしているのでしょう。生きるためにリック達がやってきた事が受け入れられないとはいえ、ゲイブリエル自身も助けを求めてきた信徒を、見殺しにしています。今回の話でも、エイデンとニコラスは自分達が生き残るために仲間を見捨る人間だとわかりました。

反面、グレンやユージーン、ノアは仲間を助けるために危険であっても立ち向かいます。ただ、キャロルのように自分達仲間が生き残る事を優先させ、そのための犠牲は仕方ないと考える場合もあります。グレンの行動も自分の仲間だけを守るためと考えると、それは悪魔的な行いでしょうか。ゲイブリエルは何を指してリック達が悪魔であると考えたのでしょうか。この彼の言葉をディアナはどう解釈したでしょう。神父として神に仕えていたゲイブリエルですが、彼は彼自身の内なる悪魔と戦っているのかもしれません。

出演者紹介「ラリー・ギリアードJr.」

ボブ役を演じたラリー・ギリアードJrはアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの俳優です。当初はボルチモア芸術学校とジュリアード音楽院でクラッシック音楽を学びましたが、後に俳優志望になりました。妻は女優のミシェル・パレスです。

出演者一覧はこちら

ラリー・ギリアードJr/Larry Gilliard,Jr.

役:ボブ・ストゥーキー/Bob Stookey
生年月日:1971年9月22日
主な出演作
映画
『ギャング・オブ・ニューヨーク』
『マシニスト』
『顔のないスパイ』
ドラマ
『ウォーキング・デッド』
『The WIRE /ザ・ワイヤー』
『サウスランド』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ウォーキングデッド
アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック



dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA