ウォーキング・デッド シーズン5 第9話の感想【あらすじ・ネタバレ】

前回のあらすじ

人質に取ったラムソンが逃げ出したため、後を追うリック。言い訳を口にするラムソンですが、リックは頭を撃ち抜きます。残った人質の二人はラムソンはウォーカーにやられた事にすればいいと、提案したため、人質交換のために病院へ向かいます。無事にベスとキャロルを取り戻し、帰ろうとするところへ、ドーンが「ノアは置いていって。」と言い出します。ノアは「いいんだ。」と病院側へ戻ろうとしますが、ベスは隠し持っていたハサミでドーンを突き刺します。弾みでドーンがベスの頭を撃ち抜いてしまいます。そしてダリルがドーンを撃ち、双方が、一触即発になります。しかし、病院側が止めます。
失意のまま、病院の外へ出るとグレンやマギーが到着していました。ベスの遺体を見て泣き崩れるマギー。リック達がいた教会に一人の男が。モーガンでした。第9話を視聴しました。

第9話「弔いの帰郷」あらすじ【ネタバレ】

3分で分かる第9話のネタバレ

  1. ベスを亡くした失意の中で、リック達は、ノアが住んでいたバージニアのリッチモンド郊外の街へ向かう事にします。まずは、リック、グレン、ミショーン、タイリース、ノアで街の様子を見に行く事にします。
  2. ノアは母親と双子の弟達はきっと、生きていると言います。念のために近くに車を停め、様子を見に行きます。
  3. 街は周囲を壁で囲み、ウォーカーの侵入を防ごうとしていたようですが、中はウォーカーに襲われた跡でした。ショックを受けるノア。
  4. 残された物資を探すリック達。泣き崩れるノアをタイリースは「これからは、俺達がいる。これで終わりじゃない。」と慰めますが、諦め切れないノアは自宅へ向かいます。後を追うタイリース。
  5. タイリースは止めますが、「見たいんだ。」とノアが言うので、一緒に中へ入る事にします。
  6. 居間には母親が倒れています。すでにウォーカーに転化して死んでいます。
  7. 2階には、ウォーカーに転化してしまった弟が。生きていた頃の写真を見て、感極まるタイリースに弟の一人が噛み付きます。
  8. 駆けつけたノアが弟の頭を刺しますが、タイリースは腕を噛まれてしまいました。ノアは慌ててリック達を呼びに行きます。
  9. 腕から血が噴き出るタイリース。朦朧とした意識の中で、死んでしまった、ボブ、ベス、リジーとミカ。そしてガバナーの幻影が見えてきます。幻影達はタイリースに話しかけてきます。そこへ一体のウォーカーが襲ってきます。必死に撃退しますが・・・
  10. ミショーンはこの街で暮らす方法がないかと模索しますが、リックは周囲が森で囲まれ、死角が多いと反対します。ミショーンは「ずっと定住先が決まらない生活では、いつか死んでしまう!」とワシントン行きを言い出します。リックは悩みつつも「ワシントンへ行こう。」と賛成します。
  11. そこへノアの「助けて!」という声が聞こえます。ノアはタイリースが噛まれた事を知らせます。リック達はノアの家へ向かいます。
  12. 死者の幻影に囲まれるタイリース。しかし血は止まりません。「ここで死なない!」と言いますが、意識は薄らいでいき・・・駆けつけたリック達は噛まれた腕を切り落とします。
  13. 急いでタイリースを抱え、出口へ向かったリック達はウォーカ倒しながら、街から脱出します。
  14. 意識が遠のくタイリース。どうにか車まで乗せます。
  15. 薄れゆく意識の中で、車の窓から外を見続けるタイリース。そこにはベス、ボブ、リジー、ミカがいます。「いいんだよ、タイリース。もうわかってるでしょ。」とベスが言います。「だから安心して。」リジーとミカが言います。
  16. タイリースは息を引き取ります。車を停めるリック。
  17. タイリースを埋葬します。第10話へ続く。

 

ウォーキング・デッド シーズン5 第9話を見た感想【ネタバレ】

タイリースの死

ベスに続き、今回はタイリースも死んでしまう展開になってしまいました。サシャの兄で情に厚く、面倒見の良かった、頼れる存在のタイリースがここで命を落としてしまうとは・・・
ノアが住んでいた街を訪れましたが、そこはウォーカーが溢れる廃墟になってしまっていました。ショックを受けるノアを慰め、一緒にノアの自宅に向かうタイリーズ。そこでウォーカーに転化してしまっていたノアの弟に腕を噛まれてしまいます。血が噴き出る腕を抱え、朦朧とした中でタイリースは死者の幻影を見ます。そこにはベス、ボブ、リジーとミカ、ガナバーが現れます。彼らが語る言葉に生と死、生きている人間と死んでいく人間、そこにある不条理さや、運命などを考えさせられます。タイリースはその言葉に時に同意し、抵抗し、自分の生と死について考えます。
意識が薄れていく中、リック達に寄って噛まれた腕を切り落とされますが、時すでに遅く、タイリースは死んでしまいます。しかし、死の間際に見た光景はベス、ボブ、リジーとミカに囲まれ、安らかなものでした。もしかしたら、タイリースは周りで起きる死に疲れていたのかもしれません。愛するカレンを失い、生きる希望を無くしていましたが、ジュディス、リジー、ミカを救い出し、必死に頑張って来ましたが、ここで力尽きてしまったのかもしれません。
ベスに続き、タイリースも失い、リック達の気落ちも大変なものでしょう。果たして、これからリック達はどこへ向かうのでしょう。

出演者紹介「ケイシャ・キャッスル・ヒューズ」

グレイディ記念病院で警官のゴーマンからセクハラをされていた、ジョーンを演じたケイシャ・キャッスル・ヒューズはニュージーランドの女優です。「クジラの島の少女」でデビューし、同作品でアカデミー主演女優賞の史上最年少候補者となりました。

出演者一覧はこちら

ケイシャ・キャッスル・ヒューズ/Keisha Castle Hughes

役:ジョーン/Joan
生年月日:1990年3月24日
主な出演作
映画
『クジラの島の少女』
『スターウォーズ エピソード3シスの復讐』
ドラマ
『ウォーキング・デッド』
『ゲーム・オブ・スローンズ』

【重要情報】ウォーキング・デッド シーズン8情報

シーズン9は2018年10月8日(月)22:00〜 Huluとdtvで日本最速配信 詳しくはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  ウォーキングデッド
アウトキャスト    

今すぐウォーキング・デッドを無料視聴!!

シーズン8は、2018年10月1日(月)全話一挙配信 シーズン1〜7の全話配信中 豊富な海外ドラマとウォーキング・デッドを見るなら
Huluお申し込み↓↓↓をクリック



dtvなら月額500円!! ウォーキング・デッドの配信内容はHuluと同じ
今なら31日間無料キャンペーン中!!
dtvお申し込み↓↓↓をクリック

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA